« 何につけ | Main | 夜の果ての旅 »

2004.02.04

とあるところで

キリコ(ジョルジョ・デ)が話題になっていて、
個人的には“愛憎半ばする”みたいなことを言ったんだけど、
年端がいかない頃は、
例えばダダから伝統詩に戻った
(ような軌跡を辿った)詩人なんかにも、
「なぜ?」と、“降りた”ように思ってたもんなぁ。

“降りてる”とか“降りてない”とか、
今風だと“勝ち組”とか“負け組”とか、
そういう仕分け自体に大した意味はないと。
ある人にとっての必然は、ただそれだけの話で、
それ以上のことでもそれ以下のことでもなく、
そのことは他人には絶対預かり知れないものだし。

|

« 何につけ | Main | 夜の果ての旅 »

Art」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference とあるところで:

« 何につけ | Main | 夜の果ての旅 »