« 音楽を聴いて、終わったら、それは宙に消えてしまい、2度とつかむことはできない。 | Main | 黒沢清インタビュー »

2004.03.12

宵の口

牛らしく
反芻してをり
花粉飛ぶ

|

« 音楽を聴いて、終わったら、それは宙に消えてしまい、2度とつかむことはできない。 | Main | 黒沢清インタビュー »

Sack」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宵の口:

« 音楽を聴いて、終わったら、それは宙に消えてしまい、2度とつかむことはできない。 | Main | 黒沢清インタビュー »