« 怖かったのは… | Main | input »

2004.03.18

人に背後を取られるのは嫌い

なんて言うと、「ゴルゴジューソー(13)かお前は」などと、
突っ込みまくられたりもするわけだが、
そこはスラム育ちの哀しさ、なのか、
その、背後にいる輩が、もしや匕首でも呑んでた日には、
相手の子細な動きをいちいち確認できないだけに、
隙を見せたら一巻の終わり…とまぁ、
どうしてもそこまでの計算を、頭に入れておかざるを得ず、
というか、昔からそういう習性になっていて…となると、
前方に路地でもあれば、
細心のさりげなさを装って曲がってみたり、あるいは、
全身に、“寄らば斬る!”みたいな殺気を漂わせつつ、
急にしゃがんで靴のヒモを直すフリをしてみたり、
とにかく、それはもう涙ぐましいほどの労力をかけて、
何とか後ろをやり過ごそうとするわけで、
なのに「よし、うまくいったぞ」と思ったら、
スタスタ追い越していったのは女性だったりして、
「何だ、女かよ」と、一瞬は拍子抜けが否めないものの、
そこはまだ、ゆめゆめ集中を怠ったり、
緊張を解いたりしてはならないのであった。というのも、
敵はもしかしたら“女性”と見せて油断させる作戦に、
出ているのかもしれない。
何のためだ?

|

« 怖かったのは… | Main | input »

Che」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人に背後を取られるのは嫌い:

« 怖かったのは… | Main | input »