« 昨晩は | Main | 寒! »

2004.03.22

僕らは

東京の子~♪ という歌がある。
誰もが憧れの~♪ か
誰もが黄昏の~♪ に続く。
まぁスミレ団の歌なわけだけど。

昔、一緒の事務所で働いていたことがある人の
奥さんに偶然、会った。
いや、会ったのは偶然ではなく、
自然なんだけど、会う過程に至るまでが偶然というか。
知人の営む写真スタジオのそばに、
彼女の家族、つまり、
一緒に働いていたことがある人の家族が住んでいて、
子供どうしの付き合いの関係で、
知人の家族と親しくしているとのことだ。
言われてみると、奥さんの顔には、
確かに見覚えがある。

その奥さんの旦那、
つまり一緒に働いていたことがある人は、映画監督で、
当時、事務所の仕事はそこそこに、
でも事務所に泊まり込みながら、
メジャーでの配給が決まった自分の映画の、
シナリオを書いていた。
で、夜食用の弁当を持ってきた彼女に、
何回か会ったことがある。
それ以来、恐らく15、6年ぶりの再会。
「~さん、奥さんいらしてますよ」と事務所の中に通すだけの、
そんな程度の顔合わせだった人と、
15、6年後に会うのは、すごく変な感じがする。
しかもその旦那と自分とは、
事務所を辞めて以来、会うことはなかったし、
知人宅の近所には、
あくまでたまたま引っ越してきただけということだから、
やっぱり偶然以外の何物でもない。

実は、一緒に働いていたことがある人は、
かなり女性好きで、各地を放浪しては…という話を、
本人から聞いたことがある。
一緒に働いていた間に耳にした話では、
奥さんとも、いわゆる“できちゃった結婚”だったらしい。

当時、彼が書いていたシナリオは、
大手流通系のスポンサーがついて、劇場で公開された。
…が、邦画の常で、興行成績はいま一歩。
また、あの業界にはよくある話なのだが、
そうやって表にでてしまったために、逆に仕事が減ってしまい、
以後、いろいろ苦労があったらしい。
才能も、人脈も、ないわけじゃない人だったが。

奥さんとは、5分ぐらい立ち話をした。
「いや、ウチのは、子供の集まりなんかも含めて、
自分が中心になれないような所には、
絶対出てこないのよ」とのこと。
まぁ、そういう人だったよなとは思う。

それでも、一緒に働いていた当時は、
15年後に、
ちゃんと家庭を保持しているとか、
奥さんの顔が代わらないでいるとか、
正直、想像できなかったので、
その意味でも、15年経って、
奥さんと立ち話をしているのは、
非常に不思議な感じだった。

いや、“縁”の話とかをしたいんではなくて、
単純に変な感じ。
一緒に働いていたことがある人とは、
たぶん、今後も会うことはないだろうし。
でも、そうか。あの時お腹にいた子が、
今、弟と一緒にいる彼なんだな。

|

« 昨晩は | Main | 寒! »

So Nota」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 僕らは:

« 昨晩は | Main | 寒! »