« にわにわにわにわとりがいない | Main | 自己責任 »

2004.04.27

フィルム・ノワール

ってのは、邦画的に言えば、文太系じゃなくて鶴田浩二系、
いわば様式美の東映任侠映画なんだけれど、
例えばリヨン生まれジャック・ドレイの監督作、
「フリック・ストーリー」のラスト、
兇悪極道トランティニャンがピアフのレコードをかけ、
「薔薇色の人生」に聴き入ったりしているシーンとか
(記憶が合ってっかどうかは保証の限りなしだけど)、
その痺れんばかりに空虚な感じに、
スラムの中学生たちはやっぱガツンとやられて、
狂ったようにそういうのばっか見てた時期があった。
香港ノワールが登場するまだはるか前…

で、その代表的な作家にして監督、
30いくつまでは実際塀の中にいたジョゼ・ジョヴァンニが、
亡くなったという記事が、夕刊に出ていた。
ま、じいさんだったわけだが、
コルシカ生まれってのは余り気にしてなかった。
言われてみれば処女作の舞台がコルシカだったし(確か)、
名前もそっち系か。

「暗黒街のふたり」など、監督業はもう1つだったけど、
「生き残った者の掟」に始まって、「勝負をつけろ」、
「シシリアン」、「穴」や「冒険者たち」と、原作の映画は文句なし。
何だか、ずいぶん世話になった叔父貴が亡くなったって気分。

|

« にわにわにわにわとりがいない | Main | 自己責任 »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference フィルム・ノワール:

« にわにわにわにわとりがいない | Main | 自己責任 »