« ハーフ・タイム | Main | ごはんが苦かった »

2004.05.11

出先で

たぶん、有線のラテンチャンネルか何かだと思うんだけど、
10年ぶりぐらいに、
ジョニー・パチェーコの「ミ・ゲンテ」を、フッと耳にした。

「ミ・ゲンテ」と言うと、頭に浮かぶのは、
もう死んでしまったエクトル・ラボーで、
それは最初にこの曲を聞いたのが、
確か、彼の「エル・カンタンテ」というソロ作だったから
(↑ここらへん記憶が頗るいい加減。
最初に聞いたのってそれか?)なのだけれど、
エクトル・ラボーの「ミ・ゲンテ」と言えば、やっぱり白眉は、
ファニアのオールスターズで演ったライヴ・ヴァージョン
(「アット・ヤンキー・スタジアム」の1の方に収録)で、
エクトルの早口のMCに、
切ないメロディのイントロがかぶさってくるオープニングは、
今聞いてもグッと胸締めつけられてしまう。
みー、げんて、うっ、それー!

エクトルってのは、決してうまいという歌手ではないんだけど、
“破調の美”みたいな、何とも言えない魅力があって、
べつだん男前ってわけでもないのに、
母性本能がくすぐられる声だと、女性の人気も高かった。
っていうか、端的に言うと、自分もサルサの歌手の中では、
飛び抜けて好きだったんだよね。エクトル。

ルベーンとかイスマエル・ミランダとか、
ファニアだけでもうまい歌い手はいろいろいたんだけど、
例えばウィリー・コローンの一番の相棒は、
やっぱりエクトルだったと、今も思う。
しみじみ。

|

« ハーフ・タイム | Main | ごはんが苦かった »

Oto」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 出先で:

« ハーフ・タイム | Main | ごはんが苦かった »