« モン・サン・ミシェル | Main | このところの »

2004.05.25

ペルシアン・ラヴ

最近、新聞はbe赤版しか読んでないみたいなんだけど、
作家の島田雅彦氏が以下のように書いていて、
例のごとく、非常に気になったのだった。

いい加減な感じを指して、「ちゃらんぽらん」という。ペルシャ語にも「チャランポラン」という言葉があり、ぶらぶら散歩するという意味だ。特に用もないのに出歩く時など、気分はまさに「ちゃらんぽらん」なので、両者のニュアンスはつながっているだろう。

ぶらぶら散歩?
何だかすごーく気に入ってしまい、
これはウラを取らねばと、さっそく調べてみたら…
あるんだこれが諸説紛々。いかにもちゃらんぽらんに。

ペルシャ語説では、こういう書き込みを見つけた。

実はペルシア語に「charand-parand」という語があって、意味も「ちゃらんぽらん」と全く同じなのですよ。ネイティブの方に聞いたところ、「charand」は無意味語で、後ろの「parand」は単に反復させておもしろさを出しているのでは、とのことでした。

「ぶらぶら散歩する」じゃないじゃん。

でも実は、それより面白かったのがこれ。

日本における落語の「よたろう」とも言うべき人物が中国にもいた。 その男は名を茶蘭放(チャ・ランポウ)といった。 何をやってもダメな奴、口にすることはめちゃくちゃ。 現在そういう人を「ちゃらんぽらん」と言うのは、 茶蘭放に「乱」をつけた「茶蘭放乱」が語源なのはいうまでもない。

茶蘭放だよ。最高。

まぁ、
ちゃらんぽらんはちゃらんぽらんなりに奥が深いのかもしれない。

ちなみに「ペルシアン・ラヴ」は、
ドイツの偏屈親父、元カンのホルガー・シューカイが、
'79年にイランの短波放送をサンプリングしながら編み上げた、
それはそれは美しい名曲。
いつも、いかにちゃらんぽらんに題をつけてるか、ということで。

|

« モン・サン・ミシェル | Main | このところの »

Oto」カテゴリの記事

Word」カテゴリの記事

Comments

じゃらんじゃらんも散歩ですね。
いわずと知れたインドネシア語。
さすが陸続き。

チャランゴなる弦楽器。
http://www.crane.gr.jp/~tassi/nations_inst/CHARANGO/CHARANGO.html">http://www.crane.gr.jp/~tassi/nations_inst/CHARANGO/CHARANGO.html
既にご存知か。

Posted by: sanchez | 2004.05.25 22:30

>さすが陸続き。
インドネシアといえば、いわずと知れた音楽大国なんすけど、音楽に関しては、“陸続き”というより“海伝い”のコトが多いみたいなんですよ。例えば、海伝いに入って根づいた、ってのに、音楽ジャンルの名前にもなってるクロンチョン(・ギター)なる、やはり小型の弦楽器があったりします。ブラジル・ショーロ音楽のバンドリンや、もちろんハワイのウクレレなんかも同じ。チャランゴだって欧州回り、ですよねえ、たぶん。…なんで、charand-parand、海から入った言葉とも考えられたりして。いいなー。海を伝わっていくちゃらんぽらん。“ちゃらんぽらん”さの真髄。

Posted by: 泡羽 | 2004.05.26 15:54

茶蘭放の人生が気になります。
これが本当に語源だったら凄いな。
語源になった人物ってそういないのでは?

>何をやってもダメな奴、口にすることはめちゃくちゃ。

か、かっこいい

Posted by: tokkyu | 2004.05.26 20:34

言語は必要性に応じて。
音楽は喜びに応じて、でしょうか。

海伝い。あるいは水路伝い。
風がなけりゃ、ねぇ船長。

孤独とマンネリの果て、出会いの喜びの発露。
「聴く」と「奏する」が同時にしか存在しえなかった時代。

どれも喜ばしい限り。

Posted by: sanchez | 2004.05.26 21:57

>何をやってもダメな奴、口にすることはめちゃくちゃ。
このぶろぐやってる人も大して変わんないんですが(笑)。

Posted by: 泡羽 | 2004.05.26 22:04

>風がなけりゃ、ねぇ船長
うわ、詩人だ(笑)。

確かに喜ばしい限りだったんでしょうねぇ。

Posted by: 泡羽 | 2004.05.26 22:07

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ペルシアン・ラヴ:

« モン・サン・ミシェル | Main | このところの »