« ペルシアン・ラヴ | Main | 洗面所にて »

2004.05.26

このところの

家族の帰国問題にまつわるもろもろを、
見たり読んだりしてると、
この国とあの国はどこが違うんだろう、
という戸惑いに、ふととらわれることがある。

昼飯時にやってたTV。
どのチャンネルにしても同じニュース、ってこと自体、
そう惑わされてしまうのに十分なんだけど、
何でも、帰国者である奥さんが働いてる役所の出張所に、
支援対策なんちゃらの部署ができるのだそうで、
何をするのかとインタビューされて、
「まず日本語を教えて…」とか何とか、
女性職員が、妙に肩に力の入った様子で答えていた。

いや、申し訳ないんだけど、
気持ち悪かったよ。
それをさも「善き事」であるかのように伝えて、
別に疑問はないらしい“マスコミ”とやらの姿勢も含めて、
気持ち悪かった。

|

« ペルシアン・ラヴ | Main | 洗面所にて »

News」カテゴリの記事

TV」カテゴリの記事

Onion opinion」カテゴリの記事

Comments

そもそも、1回も日本に居住した事のない人について「帰国」という言葉をさも当然のように使ってしまうことからして、私は今回の「帰国」問題は気持ち悪くって仕方ないです。
わずか50数年前に同様の(というか、より大掛かりに)朝鮮半島で「拉致」行為を行っていたこと。子供たちに親以外のあらゆる人間関係を捨てさせ、名前を変えさせ、日本語を母語とさせたこと。全ての点において無条件に日本を北朝鮮より「優れている」「良い」とみなすこと。
何だ、やっていることは一緒じゃないか。私もそう思います。少なくとも、そういう自分の足元を見直す行為抜きで相手の異質性をあげつらう連中にはすげえ嫌悪感を感じる。

Posted by: murata | 2004.05.28 12:22

私も「自分の足元を見直す行為抜きで」、
たとえば蹴球選手のミスをあげつらったり
よくしちゃうんですけどね(苦笑)。

ただ“正義”とか“善意”とかではないかな。

なにせ育ちがおよろしくないんで(笑)、
むしろ“正義”とか“善意”とかの方が苦手なのかも。

Posted by: 泡羽 | 2004.05.31 01:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference このところの:

« ペルシアン・ラヴ | Main | 洗面所にて »