« 時には柔軟すぎるほど | Main | 出先に »

2004.06.17

13、14の頃

学校を抜け出すと、
そこはすぐ、ただひたすらにだだっ広い、
殺風景な埠頭の空間で、
あまりにものひと気のなさに、
特に根拠もなくぽつんと、世界から取り残されたような、
そんな気分になることがあったのを、
ふと、思い出した。

industrial.gif

真っ当な世界から取り残されてる、って意味では、
今も大差ないかも。
まぁ“真っ当な世界”ってのが、あるとしての話だけれど。

|

« 時には柔軟すぎるほど | Main | 出先に »

Futbol」カテゴリの記事

Tokyo」カテゴリの記事

Photo」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 13、14の頃:

« 時には柔軟すぎるほど | Main | 出先に »