« 追記 | Main | しかし… »

2004.06.24

ジョン・リー・フッカー

DVD

ジョン・リーと言うと、回りのウルサイおっさん連中に、
「やっぱ40年代の終わりが絶頂だったよな」とか、
「せいぜい51年ぐらいまでだろ」とかウルサク言われまくり、
考えもなく話を振ってしまった自分の失態を、
後悔するほかなくなるんだけど、
古いとこではとりあえず'60年代の映像が、
3つほど入っていて、それだって十分に凄かった。
特に弾き語りの2曲、
「Hobo blues」と「It serves me right to suffer」、スバラシ。
当たり前だろうけど、音だけ聴いてる時よりも、
伝わってくるものに厚みがあるというか。

ヴァン・モリスンやら、サンタナやら、
フォガット+ポール・バターフィールドやら、
ライ・クーダーやら、ストーンズやら、共演映像も豪華。
コメントではライによる人物評が観察眼鋭く、面白かった。

あと、娘ザキアの愛とシンパシーに満ちた回顧話。
話の中身はともかく、
その、絶賛絶賛大絶賛の父親への尊敬ぶりから、
フッカー家ってのが、
とりわけ当時のミュージシャンには珍しい?ような、
悪くない雰囲気の家庭だったんだろうなぁと想像したりも。

|

« 追記 | Main | しかし… »

Oto」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ジョン・リー・フッカー:

« 追記 | Main | しかし… »