« オンセ・カルダス! | Main | 亀戸 »

2004.07.03

長い女

いや。ナンバに続いてなんだけど、
次女、ってのはわかる。
次ってことだからね、次。
例えば、次、の次、は、三女、四女、五女、
…と、続いていくわけだから、要はナンバ・リングってことだ。
でも次、の反対語となると話は変わってくる。
次、の反対ってのはふつう、始め、とか、
前、とか、先、とかじゃないんだろうか?
…ということで、けっこうヒイキにしてる、
シソーラス検索で調べてみた。んだけど、
次、の反対語(検索では“反義語”)は、出てこなかった。
…と、それほどコトは難題なのに、
よりによって、長、である。
本来なら、始女、とか、先女、とか、言うべきだろう。
始女、次女、三女…ならわかる。
でも、長、というのは、ナンバ・リングの不文律から、
外れてしまってて、一言で言うなら、
掟に背いてしまってるのではないだろうか。
掟に背く長い女。いや。長い男も掟に背いてる。
では短女なら掟に背いてないのか? もちろん短男も。
ここで一つ発見したのだけれど、
短女、はそうでもないものの、短男、は非常に発音しにくい。
「たんなん」…何だか情けなく聞こえる。
いくら短男だからと言っても余りに失礼で、
東男、みたいに読んで「みじかおとこ」にすべきなのだろうか。
でも、個人的には「たんなん」が気に入ってたり。

「短男去ってまた短男」
長男の入る余地はなく、おととい来やがれって意味? 意味。

|

« オンセ・カルダス! | Main | 亀戸 »

Doubt」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15384/891384

Listed below are links to weblogs that reference 長い女:

« オンセ・カルダス! | Main | 亀戸 »