« 悔しい… | Main | 負傷代償 »

2004.08.22

もちろん。

誤解がないよう書いておくと、自分としては、
「あくまでフェアであり続け」ようとすることが、
何より重要だと思っているわけでは、もちろんない。

大体、「体をぶつけたもん勝ち」式や「削ったもん勝ち」式が
悪いと思ってるんでもないわけで。

体が大きく、強い方が有利というのは、まぁ当たり前か。
例えばオヤジの草サッカーなんかでさえ、
体が小さいと、後ろから横から当然のように、
のしかかられたり、弾き飛ばされたりする。
それも、中盤あたりでならまだ余裕を持たせてもらえるけれど、
攻めにしろ守りにしろゴール前の、
“あと1歩をどっちが先に踏み込めるかで決まる”みたいな所では、
弱かったり、ヘタ(=弱い)だったりすれば、
体をぶつけてこられたり、深いタックルをかまされたりで、
うまくボールを取られてしまうというだけ。
要するに勝つか負けるかしかない。
…となると、相手が激しかったら、
それを軽くいなせるようなうまさで対抗するか、
相手以上の激しさで対抗するか。
どちらを選ぶかだろう。
体の大きさで負けていれば、激しく行って、
たとえやられても審判の同情を買うという手につなげるか。
“自分なら目には目を”式のことを書いたのは、
そういう意味でだし、
フェアであろうがなかろうが、
負けてしまったらおしまい、って場面だっていくらでもある。

ただ、志を高いところに置き、
自分たちを変えないという戦い方、
それも方法論の一つとして十分尊重されるべきだろうと。

ちょっと残念なのは、監督談話
オフサイド・トラップの「責任」が監督とは?
“こんな試合”をしてくるのはわかってたわけで、
それでも「米国との差は依然としてある」のだろうか?
****************************************
片や、
PKは、“もしかしたら負けがあるかもしれない”ということでなく、
単に暑くて鬱陶しいから勘弁、というゲームは、
ロス・タイムにしっかり1点押し込んで勝ち。
負けてしまったらおしまい、な試合では、勝てば何も言うことなし。
特に押し込んだのが小幡だったのは嬉しいし、
パスの散らしはまだまだなものの、中払は、
やっぱりチームにリズムを生み出していて良い。
****************************************
写真は、偏愛する梶山の“俺の勲章”展と花火大会。

natsuyasumi.gif

|

« 悔しい… | Main | 負傷代償 »

Futbol」カテゴリの記事

Photo」カテゴリの記事

Che」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference もちろん。:

« 悔しい… | Main | 負傷代償 »