« バングラデシュの首都 | Main | 日本女子 »

2004.08.11

意識が遠のいていった…

ってのはちょっとオーバーで、
単に眠りこんでたらしい。気がつくと電車は目黒駅に入っていた。
先ほどの体の変調はウソのように鎮まり、
それでもムカムカ感が残って、
夢の出来事ではなかったことを示している。

しかし…と、まだぼんやりした頭で考える。
毒を盛るにしても、誰が?というのがわからない。
会っていた友人は、いわゆる古くからの友人で、
会うのは久しぶり。動機なんて当然あるはずもなく、
いちおう論理上の可能性としてここに書いてるものの、
容疑云々は当時も全然考えてなかった。
ならば誰が?

急に思い立って目黒駅で電車から降りた。家に帰るのはやめ、
目蒲線に乗り替えて、知り合いの家へ落ち延びることに。
誰かに付けられてるかも…との妄想以上に、
「その顔色…いったい何があったの?」と心配する知り合いに、
血相を変えて問い詰められることを、少し期待して。

運よく知り合いは家にいて、
部屋に招き入れてくれたのだけれど、
勢い込んだような質問攻めはなく、内心ちょっと空振り。
仕方なく、いかに決死的な状況を脱してきたのか、
コトの顛末を、必死に詳しく説明する。
と…

カフェインのせいじゃない?」と一言。

実は、友人と入った“食事もできる店”というのは飲茶屋で、
確かに話に夢中になって、喉が乾くままに烏龍茶を、
少なく見積もっても10杯近くは飲んでいた。
「え、カフェインってコーヒーだけじゃなくて、
烏龍茶にも入ってんの?」
間の抜けた答えを返したのは覚えてる。
なるほど“根拠のない焦燥感”ね。
ミニ知識を加えると、
中国語で「烏龍球」ってのは、オウン・ゴールのことだそう。
毒殺じゃなくて自殺点だったのか。

そして、そんな、余りに会心の自殺点ぶりに、
そのままがっくりとうなだれてしまい、倒れ込んだ、
ベッドから起き上がることもできずに、
意識が遠のいていった…(完)

|

« バングラデシュの首都 | Main | 日本女子 »

Che」カテゴリの記事

Happenings」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 意識が遠のいていった…:

« バングラデシュの首都 | Main | 日本女子 »