« さっき初めてココログの | Main | 攻撃サッカーという名の »

2004.09.11

君が代問題

単刀直入に書くと、最後のところである。

周知の通り、「苔のむすまで」という言葉で終わるのだけれど、
この歌を初めて歌わされることになった時、
いや正確には初めての時なんか覚えちゃいないんだけど、
とにかくまぁそんぐらいの時、
何よりまず、これじゃ歌詞が足んなくないか?と思ったわけだ。
つまり、「こぉけぇのぉ~、むぅすぅまぁでぇ~フンフフフン~」、
その「フンフフフン~」のところが字足らずで、
歌的に非常におかしいんじゃないのかと。

だってさ、「こぉけぇのぉ~」と来りゃ続く部分だって当然、
同じように進行すると考えるのが普通の人間なのであって、
まさか、「こぉけぇのぉ~、む~う~す~う~ま~ああで~」と、
いきなり特殊な変格活用をするなんて、思ってもみないわけで。

結果、小学生の自分にはどうしても納得が行かず、
以降、実際の歌の場面でとりあえず譲歩はしたものの、
心の中に大きな闇を抱えたまま、今に至っているわけである。
ひょんなことから、その屈託を思いがけず、
現代の小学生たちに吐露してみたのだけれど、
単に大爆笑されただけで終わってしまった。

問題の根はかなり深いと見ている。

|

« さっき初めてココログの | Main | 攻撃サッカーという名の »

Word」カテゴリの記事

Doubt」カテゴリの記事

Comments

俺も小さい頃、この歌は絶対未完成だ!って思いました。
今でも、作者とかが不明な謎の歌なので、数年後、
ひょっこり君が代の全文、みたいのが出て来たりして…

Posted by: とみぃ | 2004.09.12 22:27

>作者とかが不明な謎の歌
いや、詞は古いもんの口伝だろうし、曲はある意味パッチ・ワークだし、大勢の手が入ってるだけで別に“謎の歌”ってワケじゃないんだけどね(笑)。

Posted by: 泡羽 | 2004.09.16 01:13

>別に“謎の歌”ってワケじゃないんだけどね

で、その成り立ち考えたら、やっぱり、そーゆーことって、だらだら、しっぽり終りなくずっとがいいなあ、という気持ちを表しているから、みかんせいなかんじなんでしょうねえ。ちんとんしゃん。

それよりそういうのが国歌な国って古今東西そうそうないよなあ、と思うと、個性があっていいですね!2学期もがんばりましょう。と通信簿でほめられるわけ。

Posted by: nessuno | 2004.09.21 04:29

>しっぽり終りなくずっとがいいなあ
あらnessunoさんたらもぉそんなことばっかり仰有ってるんだから。

Posted by: 泡羽奴 | 2004.09.22 19:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 君が代問題:

« さっき初めてココログの | Main | 攻撃サッカーという名の »