« 膝はわかってくれない | Main | で、それから浅草連中との »

2004.12.19

19

あのシーン。

クロスを受けたポスト役から彼に絶好のボールが配され、
とっさの判断で彼はゴール上部を狙い、
そして彼の蹴ったボールはバーに当たって跳ね返った。
その刹那、ふだんはそんなこと全く考えもしないんだけど、
「ああ、今日は負けるな」という感触みたいなものが、
一瞬だけど確かに、肌の上をザワッとよぎっていった。
もちろん自分なんかが言うまでもなく、
あれが入ってれば120%勝っていた。

その意味でも、
今日は紛れもなく、彼の試合だったと思う。

思えば、
結果クソなことになった、あの来日初得点の試合も、
同じところが相手だった。
要するにあの時も今日も、引き立て役ってやつである。
その同じ書き割りをバックに、
彼は初めて自分の存在を満天に誇示し、
そして今日、
改めてその存在を誇示でき得るシュートを、バーに当てた。
あんなシーンは、そうそう滅多に見られるもんじゃない。

これが、彼の試合でないのなら一体何なんだろうと思う。
繰り返しになるけど、
今日は紛れもなく、
彼のために用意された試合だった。

19

|

« 膝はわかってくれない | Main | で、それから浅草連中との »

Futbol」カテゴリの記事

Tokyo」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 19:

« 膝はわかってくれない | Main | で、それから浅草連中との »