« 脚本家 | Main | メモ »

2005.03.25

クロマ

脚本といえば、全然関係はないのだけれど、
件のミセス・ナザレーに、2月の半ばから、
課題図書を貸し出されていて、それを1カ月もかかって、
ようやっと一昨日読み終え、返却したのだった。
↓これがそれ。フィアットの車、じゃなくてについての本。

chroma

デレク・ジャーマンは、映画でもそうなのだけど、
突如トーンが変化し、ふっと澄明になる一瞬があって、
そこに非常にゾクっとさせられる、というか、
あまりに軽やかな重さに打たれてしまうのだけれど、
AIDSで亡くなる間際の、
この恐ろしく博識な、かつ雑多に美しい最後の本にも、
そういうところが確かにあって、感銘を覚えた。

|

« 脚本家 | Main | メモ »

Cinema」カテゴリの記事

Book」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クロマ:

« 脚本家 | Main | メモ »