« 迫真の構図に凝る | Main | 虚脱花見 »

2005.04.03

久しぶり、たぶん、

2年半ぶりぐらいに行ったところで、

ledogawa

どうしてなのかよくわからないのだけれど気がついたら、

mother_of_pitch

1年半ぶりぐらいにぶち切れてた。

|

« 迫真の構図に凝る | Main | 虚脱花見 »

Futbol」カテゴリの記事

Happenings」カテゴリの記事

Comments

つか、申し訳なかったっす>気分に任せた対応をされた方々

特にK君。そっちの都合を考えずこっちの気分のみで駅まで付き合わせてすまなかったっす。ホームで少し反省したんで(苦笑)。

Posted by: 泡羽 | 2005.04.03 at 03:37

ただねぇ。

確かに芝は写真のようで損得でいえば損だったことは否めないし確かに捌いてる人間が競技も興行も理解し得ない屑だったことは否めないし確かにケガ人が発生してて慣れないポジションにつかされてる苦労がいろいろあることは否めないし確かにGKが偶然当たって不運だったといえばいえないことはないのも否めないし出だしのポゼッションの余りの差とこれまでの経緯から当初試合を舐めすぎてしまったってのも否めないだろう。

でもそんなことは全く何の理由にもならないわけで。

要するにとっとと点を取ればうだうだ言われることもなかったと。ま、それだけの話で。

ってのもそうだし、見たようなミスで、同じような展開をして、なんてことになってたら、少なくとも前半終了時点で怒りが沸き上がらないもんなのかねぇ。内も、外も。
前半終了時にぬるくて、そのぬるい奴らが「記念に」芝に入っちゃったあ、てへっ、という、話に聞いた日立台の話を思い出しちゃったよどうでもいいけど(苦笑)。

もう1つ。惜しかった(と映るらしい)試合は、例えばボコられた試合よりタチが悪いわけで。
ギャンブルする人間ならわかるだろうけど、1手違いで良手を上がれないとか1番違いで当たりを外すって時が“最悪”の時であり。わかってるよね、そんぐらい。

と、全然反省してないみたいですが(苦笑)。

Posted by: 泡羽 | 2005.04.03 at 04:27

おつかれさまでした。あ、ビデオすいません感謝です。ああやってTVで佐川の試合をウチで見るの初めてでしたよ。

>要するにとっとと点を取ればうだうだ言われることもなかったと。ま、それだけの話で。

おっしゃるとおりで。

>ってのもそうだし、見たようなミスで、同じような展開をして、なんてことになってたら、少なくとも前半終了時点で怒りが沸き上がらないもんなのかねぇ。内も、外も。

おっしゃるとおりで。似たようなご意見が別方面からもありまして。痛切に感じておりますですはい。
あの時はどこにどうぶつけてようものかと・・・。
とりあえず終了後選手にいろいろ聞いたときにぶつけたんすが(笑)

>と、全然反省してないみたいですが(苦笑)。
いえいえまだまだ期待してますが。

それにしても不思議なデルビーでしたね。

Posted by: socio napoletano | 2005.04.03 at 12:15

>駅まで付き合わせて

いいえ、恐縮です。私も、とにかく色々な意味で「恥ずかしい」という気持ちがあって、一秒たりともあの場にいたくなかったので、むしろ助かりました。

前半は100万歩譲って、(内、50万歩はGK、40万歩は審判、10万歩は芝)仕方ないとしても、
あの後半の体たらくたるや何だったのでしょうか?
ピッチもベンチも、そしてスタンドも。


長いリーグ戦のうちの1試合、ではありますが、
やっぱりどう考えても、どんな形でも3ポイント以外
あり得ない試合でしたよ。新チームに関しては、まだまだ、辛抱強く見守りたいとは思いますが。

Posted by: k | 2005.04.04 at 01:51

>不思議なデルビー
あんなに怒り心頭になるとは自分でも予測不能でした(苦笑)。

>新チームに関しては、まだまだ、辛抱強く
もちろん同じ気持ちです。
思い出すとまだ心がざわつきますが(苦笑)。

Posted by: 泡羽 | 2005.04.04 at 09:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15384/3540898

Listed below are links to weblogs that reference 久しぶり、たぶん、:

« 迫真の構図に凝る | Main | 虚脱花見 »