« 河童犬洗之後塵 | Main | 日本代表快挙! »

2005.05.29

クラブ・チーム?の問題

どうにか時間を見つけて、
今週もガキの試合 in 川べり。
今日の相手はクラブ・チームで、
まぁこっちも、正GKのファイターDが欠席だったり、
ベストなメンツじゃなかったってのもあるんだけど、
結果は 0-2 で敗退。その日の予定は終了した。早。

もっとも、小学生で勝ち負けなんて、
個人的にはどっち向いてたっていいと思ってるし、
むしろコテパンにやられた方が、
次、工夫すんじゃねえの?とか、
楽しみが増えたりもするわけで、
勝とうが負けようが、
だからどうしたって以上のもんではない。

ただ、向こうさん、
ハーフ・ラインぎりぎりに、
うまい子を一人ずーっと張りつけてて、ボールを取ったら、
その子目がけて放り込む、ってな作戦だったんねぇ。
そりゃ、ようやく最近球つなぎを覚えてきた、
団子上がりチームがモノの見事にやられるってのも、
ムリはないんだけど、正直、何だかなぁって感じ。

まぁクラブ・チームだからね。
勝たなきゃ如実に人が減るだろうし、
事情がわからないわけでもないんだけどさ、
そういう風な、しゃらくさい「戦術」を教え込んで、
どうすんだろうなぁ。
いや、ガキが自分で発見した、ってんなら、
また話は別なんだけど、やらせてるわけだからなぁ…。
ハッキリ言って、
そんなクラブにいたって未来がないと思うんだけど。
余計なお世話?

ま、コーチはガーガー恐怖政治敷いてがなってるし、
見に来てる親も“外に開け”だの“右を使え”だの、
「なら、てめえがやってみろっての」と、
思わずツッコんでみたくなるほどおニギヤカだし、
案の定っていや案の定なチームなんだけどね。

問題は、その手の勝ちたがる子供のチームを、
実によく見かける、ってことか。
今の小学生ってのは、例えば現プロ選手の同年代時より、
2倍から3倍、ヘタすりゃ5倍はまず間違いなく巧いんだけど、
“どうすればいいか考える楽しさ”とか、
“闘う気持ち”とか、ってのは、どうなんすかねえ。
ああいう教え方されてたら。

もちろん、栄えある日本代表も、
確実にその延長線上にあるわけで。
文句を言うんだったら、
当然その程度のことは頭に浮かべとかなきゃいけないだろな。

|

« 河童犬洗之後塵 | Main | 日本代表快挙! »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

いまちょうどこの時期は「そういう」他クラブからの移籍組がたくさん入って来てます。
本人の意思もあるし、親御さんが危機に気がつくケースもあるしでそれぞれ。

けっきょく「そのような」クラブってのは、クラブの顔になるような、化け物みたいに上手い子の引き立て役が必要なわけでして、結局「王子さまとその他大勢」みたいな運営になってるわけですよ。

まあ、ウチみたいな底辺のクラブでやってれば、自分がどれだけ強い意思を持ってチームを引っ張っていくか試されるわけで(親も)、それで幸せでないところもたぶんに。

夏の公式戦で0-16で負けるくらいは一度や二度、覚悟しとけよ(笑)

Posted by: socio napoletano | 2005.05.31 13:04

ありがとございます。
いやま、socio napoletano さんが引き取ってくれるだろうなぁ…と、もちろん半分ぐらいは思って書いてたんで(笑)。

Posted by: 泡羽 | 2005.06.01 00:10

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference クラブ・チーム?の問題:

« 河童犬洗之後塵 | Main | 日本代表快挙! »