« 死んだ… | Main | ちゃっちゃと »

2005.06.28

メヒコ

ってことで1日遅れの感想。

別に私見でなくても、メヒコがこの大会の、
ベストといってもいいチームであることは、
もう論を俟たないわけで、
で、そういうチームが最後まで行けないのも、
常というか、そんなもんなんだよなぁ…

前半。
いつも今イチ全体が見えてない羽中田-西岡コンビが、
しきりにアルゼンチン・ペースとか言ってたけど
ありゃ完璧メヒコのペースだよ。
要のマルケスが合流して、
各選手の動きの質がめちゃくちゃ良く、
メヒコならではの切っ先鋭い連動性攻撃。

一方、ボールが持ててるのに思い通りにいかない
アルヘンはイライラ。
特にコロッチーニってのが、
'78年のタランティーニによく似てて?乱暴だし。苦笑。

後半は水色白の流れになるも、
でもメヒコはああいうのもお手のもんだから。
モラーレスの左サイド走りがゾクゾクさせてくれるし、
ポストに弾かれたジーニャの一発が入っていれば、
やっぱプラン通りだったんじゃないかと。

延長。
サルシドのシュートが決まった時、
カンポスGKコーチがぴろみージャンプしてたのに笑った。
アルヘンが意地を見せてからも、
メッシュ頭のメディーナ君あたりが、
さくっと突き放してくれると期待してたんだけどねぇ。

PKはしょうがねぇな。
サンチェス、右に倒れるのが多くないか?とは思ったけど。笑。

まぁブラジウともう1回やるより、
それは美しい思い出のまま残して、
欧州のチームとテスト・マッチってのも悪くないんじゃない?
優勝?
漢にはそんなもん必要ねえんだよ。

6大陸王者杯 メヒコ 1-1 アルヘンティナ

|

« 死んだ… | Main | ちゃっちゃと »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference メヒコ:

« 死んだ… | Main | ちゃっちゃと »