« 禁断の人々 | Main | 途中下車 »

2005.06.06

好敵手

なんて、
モノのわかったような書き方はしたくないのだけれど、
それでも互いに、コイツラだけには絶対負けたくない、
みたいな激しい気持ちが、見る側にビシバシ伝わって、
例えば、昨日の某トップ・リーグの、
双方、とても金を取るレベル…にないのはまだしも、
審判を含め、興行である意識にほとんど欠けた試合の、
何百万倍かは確実に、
興奮度の高い、そして満足度も深い一戦だった。

もちろん本来なら、
0-2で負けといて面白かったもないものなのだけれど、
ゲームの展開に関して言えば、前半に、
あの、正男の狂気のようなミドルが突き刺さってさえいれば、
勝負は疑いなくこっちのものだったろう。
(打った瞬間にあ、こいつはもう行ったと思って、
つい視線を外してしまったほど、完璧、
かつ気狂いじみた軌跡のドライヴ弾だった。
まさかバーに当たって跳ね返される?とは…
笛が鳴らないので何が起こったのかわからなかった)

失点は、前半終盤の一瞬のスキを突かれたのと、
後半押された時間帯に辛抱が続かなかったことの2点。
まぁ総監督が替わってからの、長らく続く問題点ではある。

もう1つ。熊谷が九州へ去った。
ただ、河合の奮闘のせいか、
それほど大きな穴には見えず、
むしろ守りについては締まったように思える。
これからがまた戦いになってくるはずだけれど。

chino_hate

主審だけは、あんまり言いたかないんだけど、
やっぱりどうにかならないもんなのか…

|

« 禁断の人々 | Main | 途中下車 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

遠路はるばる田舎へようこそ(笑)

なんか、こんなしびれるマッチがあの丘の上という不運の星。

ぜひ、双方とももっともっと剥き出しで熱くなる都田へ行きましょう。

ところで
やっちゃば特急☆一番星の乗り味はいかがでしたか(笑)

Posted by: socio napoletano | 2005.06.06 16:20

関東にいなかったのでいけなかったけど、負けですか。napoさんのBlogも見た限り、負けるならこのパターンかなという負けだったみたいですね。

Hondaはねえ。あいつら、ペナルティエリアのコーナースポットあたりの使い方がとてもうまいんですよね。

なぜうまいかというと、これは静岡あたり全般に言えるんだけれど、都田の観客が身体と観戦歴でその使い方を知っているからだと思うんですよ。

別にHondaの選手たちにこっちが劣る点はまったくないのですが。

Posted by: nessuno | 2005.06.07 03:03

>遠路はるばる田舎へ
何回行っても遭難しますね、あそこは(苦笑)。

>やっちゃば特急☆一番星の乗り味
ちょっとしか乗れなかった。
後ろにも乗りたかった。

Posted by: 泡羽 | 2005.06.07 13:37

>負けるならこのパターンかなという負け
だと思います。あんまり負けてなかったんで。

確かにコーナースポット回りの使い方には長けてましたわ。ただ「こっちが劣る点はまったくない」とも書かれているように、こっちは全然負けてない、
最後の時間稼ぎにしろ、何度もさっさと奪ってつないでましたから。

ただ何と言うかなぁ。気を抜く時間帯の選択がマズイのかなぁ…てな感じですか。あと全員が“揃って”気を抜くってのも(苦笑)。

まぁこの日は、それこそあそこらへん出の、鈴木ひとりにかき回されたってのもあるんですが。

Posted by: 泡羽 | 2005.06.07 13:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 好敵手:

« 禁断の人々 | Main | 途中下車 »