« 蹴球日和 | Main | 東銀座駅 »

2005.07.05

ぼくのくれよん

…と、
つい蹴球にまみれてしまってた間に、
長新太さんが亡くなってしまった。

まぁ絵本を読む人間がいるところは、
どこでも似たようなもんなんだろうけど、
彼と瀬名恵子さんはウチでも2大スターで、
漁るように読まれていた。

「ぼくのくれよん」の最後のページ、
ライオンに苦情を伝えられたぞうが、
それでも反省なんかしないで走り去っていく、
あの、アナーキーで物哀しいシーンの絵が何とも言えず、
いつ見ても飽きない。
なんと初版では無かったそうなんだけど。

あそこで Tuxedmoon の曲の断片が、
決まって頭で鳴るんだよなぜか。
(そういえば“くれよん”と“クラムド”は書き出しが似てる)

ぞうはたぶん何も考えてないのに、
何でいろいろな感情が絵の中にあるんだろうね。
不思議だ。

crayon

|

« 蹴球日和 | Main | 東銀座駅 »

Oto」カテゴリの記事

Book」カテゴリの記事

Happenings」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ぼくのくれよん:

« 蹴球日和 | Main | 東銀座駅 »