« July 2005 | Main | September 2005 »

2005.08.31

二度あることは仏の顔もぴりりと辛い

学校へ行ってた頃、
“亨”という名前の先生がいて、
どういう先生かというと、
「まぁお前らも若いから、
授業中に競馬放送聞いてようが(土曜日)、
トイレで下級生カツアゲしてようが、
図工室でヤバ目の商売してようが(薬だけは御法度)、
校舎の屋上で楽しく異性交遊してようが、
何してたって構わないけどな、
ただ1つ。俺の名前だけは書き間違えるなよ。
もし、万に一つでもそんな常識外れをするような奴がいたら、
もちろん学校から叩き出すからな」
というような、稀に見る人格者な方だったのだけれど、
学校を出てからン十年経ったこの前、
たまたま客のお偉いさんに“亨”という名前の人がいて、
それがまた、“享”となってたのをうっかり見逃してしまい、
とっても偉いことになってしまってクビになった。

まるで、
下腹部は痣萎える罠の如しだ。
意味わかんないけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.30

モニター

昨日いつもと同じようにPCのスイッチを入れたらモニターの画面がセピア色になってたこの月末に万歳でもしたい気分だそういふ理由でこのぶろぐも懐かしい状態になってるといふかテキストはまだいいんだけど写真の感じといふものが全然わからないこの月末に万歳でもしたい気分だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.29

1週間に

4箇所で試合はちょっとへばったりもするお年頃。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.28

22

もちろん彼だけの手柄、
などと言うつもりは毛頭ないけれど、
今日は、途中から入った彼の頑張りが、
かなり大きかったと思う。
どちらかというと回りの運動量が少ない中で、
少なくともフリー・ランニングでは単騎突出していた。
ああいうゴールもそのことに対するご褒美、
であったことは間違いない。

まぁあれだけ外しまくられると。
延長前半だったか、
ボールがゴールの前を何回も、
行ったり来たりしていながら、
行ったり来たりだけで終わった時、
120%勝利を確信した。
こっちも褒められたもの、
では全然なかったわけだけど。

それと、
自分でも意外だったのは、
ボランチ17がいなくなった穴を、
強く感じた試合だった…

tokyo_da_ihyo

手術した父親の様子を見に実家に寄ってから、
10時半すぎ帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.27

さっさと

灯りは落とさなきゃね。
電気ついてる家なんて回りに一軒もないし。

inaka

注記:
梶山砲、本日3割増。
…というか、
とっとと7割増ぐらいで行けって言ってんだろがてめえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.26

ひと足先に

左手も
右手も富士の
暑さかな

gogo

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.25

颱風

thai_foo

颱風、といえば、ミカ・バンドか上々か、というと、ベタだけど、
肌の白い酒田娘の映美ちゃんは、
相変わらずチャキチャキしてっだろうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.24

サンチァゴ

はやっぱ面白い…からこそ、どうすんだよ。

first

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.23

天神より水神

の方が100年以上古いらしい。
ふれーふれー水神。

天神は湯島にもあるし。

ってこと言い出したら羽田にだってあるんだけど、水神。

ってことを正直に申告しないで、
自分に都合いいまま締めちゃえばいいんだけど。

cum_aid

「ふれーふれー」の「ふれー」って、
「奮え」の叫び形とか思ってたけど、
英語だって知ってた?

って考えたこともなかったんだけど、自分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.22

炎天下話続き

ところで昨日来てもらったチームのうち、
年齢層が比較的ウチと近い、
2回目の顔合わせの好敵手がいたのだけれど、
そこのメンバーで、実はこの夏に急逝してしまった方がいて、
急遽、追悼試合というのをやったのだった。

もちろん、何せ2回目だから、
その人のことも全然知らないわけで、
要するに、彼の奥さんと御両親が、
あのクソ天気の中グラウンドまで足を運んで、
試合前の数分間、一緒に黙祷した…ってだけのことなんだけど、
聞くところによると、年は自分とほぼ同じ、というんで、
あまり他人事とも思えず。
ガンだったとのこと。
奥さんは、しきりにハンカチで顔を拭っていた。

まぁ、
3試合以上ムチャした翌日はいつもあちこちガタが来て、
歩行にまで問題が出たりもするんだけど、苦笑、
でも、
そんな泣き言とかたわ言とか言ってられるぐらいが、
華なのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.21

クォノ・ヤローあるいはクソッ・タレーの効能について

今日、発見したのだけれど、
例えばゴール・キックを競る時や中盤での主導権争いの時、
ボールを蹴るのに、「クォノ・ヤロー」とか、
「クソッ・タレー」とか口走ってタメを効かせる?と、
球際に強くなって、しかもいい所にパスが出せる。
踏ん張りがきかなくなってる、ってことでもあるんだろうけど、
「クォノ・ヤロー」や「クソッ・タレー」といった2拍子系の、
粘っこい裏打ちのリズムが、単なるボールの蹴り合いにはしない、
いいノリを産み出してるのだ。大発見である。

…と。
そりゃ、あのクソ炎天下にまた6時間もいりゃあさ、
でも言い訳するとホントは8時間で、
2時間減りはしてんだけど、
あん中にいたら脳が蒸散して、
ちょっとぐらい意味不明な与太言を口走っても、
しょうがないってことにしてくれ。

いつもか。

(こないだがこないだだったんで、
気持ち引き気味にグラウンド行ったんだけど、
今日はずっと慣れないボランチ回り指名にも関わらず、好調、
一番の強敵相手との対戦でも、あちこち潰し回れたうえ、
配球ミス70%減(当社比)、
結構締まった試合が何試合かできて少し褒められた…
何でだ?)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.20

東にセミの抜け殻が

semi

あると聞けばそれを見に行き、
北に笹が出現すると聞けば、
それも見に行き、
朝から晩まで右往左往してた割には、
ただ右往左往してただけのような、
さういふ1日に、
わたしはなってしまったんだなこれが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.19

宣伝2

so_kkia

どうにも撮らなくてはいけない使命にかられてしまったため、
わざわざ走って引き返して写真してみたのだけれど、
見ての通り、レーザー墨出し器の幟である。
もちろんイカに最新鋭のレーザーが付こうと、
墨出し器というもの、
タコの口の形をしていることには変わりない。
…と、一旦書いてしまうと、
墨出し器というもの、
もうタコの口以外の形には考えられなくなってしまうのが、
不思議だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.18

宣伝

来週の今日のことなんだけれど、
個人的には、チェコのシュワンクマイエルと並んで、
崇拝して止まない、この御方のDVDが発売になる。

中でもVol.1は、これを見ないでは死にきれないほど必見。
というか、あの「タンゴ」が、
たった2,500円ぽっちで“所有”できてしまうなんて…
いや、「タンゴ」のみ、その値段でも、
ほとんど犯罪的にあり得ないことだと思う。

まぁ、「階段」や「フォース・ディメンション」、
「オーケストラ」はLDであったんだけど。

実は、あまりに舞い上がってリリース=来週というのを忘れ、
あちこちのソフト屋や輸入屋を回って、
「売ってねえじゃねえかよ」とか怒ってた先週があったり。恥。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.17

私を交番に連れてって

苛酷な取り調べを受けるK。

josef_k

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.16

BBC&L.A.のKCETハリウッド

の特集番組の中でグレツキを耳にした。
ずいぶん久しぶりだ。
「悲歌のシンフォニー」第2楽章の頭。

'94年に、その作品36の本邦初演というのを見に行った。
新星日響。場所は赤坂のホール。
あんなとこ行ったのは、
後にも先にもあれ1回だったような気が。…苦笑。

覚書を見ると、
翌日は武道館のピーター・ガブリエルに行ってるな。
何だかよくわかんないけど。

'94年は、そのすぐ後にインドネシア音楽祭があって、
グサンさんとワルジーナも見ている。
主だった通いモノでは、
ブルース祭=B.B.、サルサ祭がマーク・アンソニー、
カリブ祭はオスカール(・デ・レオーン)親父の2度目、
ウォマッド祭はユッスーに、
アリ・ハッサン・クバーンあたりがメイン。
コンダ・ロータ祭はミュゼット特集。
スカ祭はローランド・アルフォンソなど。

新宿にあったリキッドで崔健を見たり、
ハリス・アレクシーウが来たのもこの年か。

ほか、ネヴィル兄弟の末弟にカサンドラ・ウィルソン、
畦地慶司の胡弓にスアール・アグン、
東京チンドン、マッド・プロフェッサーなんかも見てるな。
まぁ音楽バカにとっての「いい時代」は、
確実に終わりに近づいてたのだけれど。
(ピークはやっぱり'90~'92年だった…)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.15

終戦記念

りすとらんてへ行きたしと思へども
りすとらんてはあまりに遠し
せめては新しき背広をきて
きままなる仕事にいでてみん 萩原サックス太郎

サックスといえば、
確かに片山広明や坂田明も素晴らしいのだけれど、
やっぱりドクトル梅津に尽きるだろう。
師匠の音色は一言でいうと、ズバリ“上品”だ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.08.14

愛撫地図

愛用?してる人も多いだろう、というか、
自分みたく何カ月か中毒してる人も多いだろうけど、
やっぱこの地図は驚きだよなぁ…
いまだに飽きない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.13

思い切り

ダメだった。

動けなかった。

暑かった。

動けない時はほんとポジションがいい加減になる。
アリバイ作りで汲々。
“何やってんだよ”って確かによく思うけどさ。
んじゃてめえやってみろっての。
でも、できる人もいる。

練習してなさすぎ。

あと、こういう日は決まって、
気に喰わない奴が活躍したり点を取ったりして、
ムカツキ度とヘコミ度が倍加する。

ヘコミ度ってのは、自分は好き嫌いが激しいよなぁ、ってことで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.12

グレゴール最期の日

それから三人は、親子そろって家を出た。もう何ヵ月来、絶えてなかったことだった。電車に乗って郊外に出た。彼ら三人しか乗っていない車輌には、あたたかい日の光がいっぱいにさしこんでいた。ゆったりと後ろにもたれかかりながら、三人は今後の見通しのことを、あれこれと語りあった。そしてよく話しあってみれば、この見通しもまんざらではないことがわかってきた。 

1日中、「変身」のそのおしまいの部分がずっと頭に…

石井輝男監督も死去。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.11

F・バイキング

バイキングばやりの今日この頃、
近くの店でフラワー・バイキングというのをやってた。
…と書けばすぐ想像できると思うのだけれど、
フラワー・バイキングとは、
頭にたくさんのルピナスを挿した海賊が、
ウッホウッホと本能のままに暴れ回る、
それは盛大なショーのことである。
とはいえ昔、
大きくなったらバイキングになりたかった自分は、
ふつう頭に挿すのは簪(かんざし)であって、
ルピナスというのはあくまでも邪道だと、
声を大にして固く信じているので、
まだ現実のフラワー・バイキング・ショー
(略してフラバイ・ショー)を、
まだ1度も見に行ったことがない。
見に行くのが怖いのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.10

不覚にも今まで知らなかったけれど

いや途方もないもんだったよこれの味は。

wady

呆然という言葉を久しぶりに思い出した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.09

おかあさん

やっぱり日が落ちてからは怖い。

over_sun_2005

というか、
さりげなく衣替えしてたりするのがもっと怖い。

…とか、
書いてる場合じゃないのかもしれないけど今さっきの話は。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.08

U12遠征大会2日目(結果)

決勝
大阪 1-2 静岡
(得点はあやふや。苦笑)

1位:静岡 2位:大阪 3位:兵庫 4位:東京

まぁ、こういうトーナメントは、
1次リーグの結果でどっちの山に行くかってのも大きいんだけど、
岡山は兵庫と引き分けたりもしているようで、
そうなると時の運かな、やっぱり。
地域贔屓のかなり曖昧な笛もあったそうだけど。

それでも優勝候補筆頭の大阪が、
招待校2校に敗れたのは結構ニュースだったらしい。

代表選手様御一行は最寄り?の港町で遊んでから、
新幹線にてご帰還。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.07

U12遠征大会2日目(後)

準決
東京 1-1 静岡 
PK
東京 2-4 静岡

三決
東京 0-1 兵庫

| | Comments (2) | TrackBack (0)

U12遠征大会2日目(前)

東京 2-0 岡山

次は準決。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.08.06

U12遠征大会初日

この常連本命を核にした地域選抜チームが、
全国面積7位の島に渡っての招待大会1日目。

東京 1-0 大阪
東京 3-0 京都

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.05

サンリオのディック

気になる人間の、
新しい作品が出たらすぐに、って買い方は、
ほとんどしないタイプなのだけれど、
ディックは、1冊1冊、出たら買っていった、
ものすごく珍しい例の1人。

sanrio

まあ、新作ってわけじゃなかったんだけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.04

今日は寿司にしない?

kendo  じゃ麺でも。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.03

「 」や“ ”

をたらふくお手盛りにして、
文字数を稼ぐことがある。

ところで稼ぐってことで今日考えたのは、
万歩計というのが単に歩数を計るのではなくて、
“時給”ならぬ“歩給”を計測する道具だとすれば、
1歩1円とすると日給1万円前後の稼ぎにはなるわけで、
そこは細かくステップを踏んでみたり、
余計な寄り道をしてみたり、
基本給に少しでもイロをつけようと、
歩きに熱をあげる人が増えることは間違いなくて、
ちょっとした“歩きバブル”の様相を呈するだろう。

知り合いにマラソンのランナーがいるのだけれど、
練習のために1日10何キロか走る彼なんてさしずめ、
高給取りの万歩計長者である。
今のうちにお中元かお歳暮を必ず送っておかなければいけない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.08.02

アーサー・マッケン礼讃

なんて、平井呈一大先生みたいだけど。

そりゃ、ウォルター・デ・ラ・メアだって アルジャナン・ブラックウッドだってリチャード・ミドルトンだって、果ては義兄弟ウイリアム・ホジスンだってそれぞれだけどさ、

アーサー・マッケンは、
コメット・タルホ愛するダンセイニ卿と並んで、
同時代でも頭抜けた怪奇・幻想モノ書きだった。

というのも、2人ともケルト人だからだ。
(マッケンは本国じゃなくてウェールズ生まれだけど)

ケルトは、アングルとかサクソンとかいう野蛮な連中とは、
ハッキリ一線を画する、高等な民族である…って、もう常識か。

夏だから、図書館で「パンの大神」とか読め、と、
俊輔好きのガキどもに薦めるトンデモな大人だ。悪かったな。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.08.01

詳細

いつものように自チームはバカみたいに人数がいるため、
白赤分かれて、昨日は白チームでずっと左MF担当。

1試合目はガンガン行きまくり。
…という左サイドとはほとんど関係なく 3-0 圧勝。

2試合目はそこそこ強い相手。ガンガン行きまくり。
結構裏を取られて大慌てで戻ったり行ったり来たり。
何とかごまかし切って 0-0 引き分け。

ただ、この試合後一気にへなりモード。足バースト状態。
まぁ当たり前とも言えるか…苦笑。

3試合目。負けられない戦い。
しかも敵はかなりちゃんとした布陣を敷いて守ってくる。
ガンガン行きまくり…ってわけにはいかなかったけど、
ガンガン、ぐらいは行く。 0-0。勝ってたんだけどなぁ…

4試合目。白赤ダービー。
絶対負けられない何とか…だったけど自主欠場。笑。
だってもう走れないもん。
さすがダービーならではの、というか、
今日の飲み代全てがかかってる熱い戦いで、
1-1 から双方譲らず、勝負はPK戦へ。
  
PKは「蹴りたい蹴りたい」と手を上げて、
5番目に蹴らしてもらった。
…失敗してサドンデスに突入したけど。笑。
でも今日のチームメートが頑張って決め続け、
ついに10人目ぐらいで向こうが根負けして外す。

ということで、
優勝しました。笑。

いずれにせよ、すでに2試合終了の時点で、
西葛西まで行けるエネルギーは残ってなかったと。
ちょっとだけ言い訳させてもらえれば、
あんなカンカン状態になりやがるなんて、
これっぽっちも思っておらず、
勢い普段以上に消耗度が激烈だった、ってのが一つと、
あと、せめて駅から近いホームのドリーム・アイランドだったら、
まだ立ち上がる気力を振り絞れたんだけどねぇ。
…ま、言い訳ですが。

大勝で良かったよ。
帰宅して、眠ったように死んだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2005 | Main | September 2005 »