« 詳細 | Main | 「 」や“ ” »

2005.08.02

アーサー・マッケン礼讃

なんて、平井呈一大先生みたいだけど。

そりゃ、ウォルター・デ・ラ・メアだって アルジャナン・ブラックウッドだってリチャード・ミドルトンだって、果ては義兄弟ウイリアム・ホジスンだってそれぞれだけどさ、

アーサー・マッケンは、
コメット・タルホ愛するダンセイニ卿と並んで、
同時代でも頭抜けた怪奇・幻想モノ書きだった。

というのも、2人ともケルト人だからだ。
(マッケンは本国じゃなくてウェールズ生まれだけど)

ケルトは、アングルとかサクソンとかいう野蛮な連中とは、
ハッキリ一線を画する、高等な民族である…って、もう常識か。

夏だから、図書館で「パンの大神」とか読め、と、
俊輔好きのガキどもに薦めるトンデモな大人だ。悪かったな。

|

« 詳細 | Main | 「 」や“ ” »

Book」カテゴリの記事

Go ghost」カテゴリの記事

Comments

ちょと思い出して読みたくなった。
夢の丘。

Posted by: ちな | 2006.01.02 05:08

ちなさん、初めまして。
夢の丘。読んでください、平井先生訳で(笑)。(それとも原語?)

Posted by: 泡羽 | 2006.01.03 20:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アーサー・マッケン礼讃:

« 詳細 | Main | 「 」や“ ” »