« 保険 | Main | メルドナ日曜 »

2005.09.03

西が丘サブグラウンドでの衝撃

夏は島へ遠征に行ってた地域選抜、
今度は首都にて、
都内の異地域選抜を相手にしての戦いである。
(都内は6ブロックに分かれている)

もちろん優勝狙いだった
…のだけれど、
初戦でやられてしまった。
0-2。
いや、試合自体は8割方押していた。
要するにカウンターに沈んだのだった。
5と7と11と、攻撃の札3枚によるカウンターに。

1点目はセンター・サークル付近で入れ替わられて5番独走。
それでもこっちのGKがコースを切りに出て、向こうも左に折れ、
その間にDFが必死に3人帰ってスペースを埋めたのだけれど、
その3人の股の間を縫うようにして、嘘のような冷静さで、
ゆるゆるっとゴールに流し込まれた。

2点目はこっちの左SBが不用意に出た所を易々とぶち抜かれ、
GKと1対1になってGKが前に出た瞬間、
これまた心憎いまでに見事なループを、
すこーんと上げられてGK為す術なし。

どちらも感じとしては事故のような失点で、
実際、やられたような気はしてなかったのだけれど、
わざわざ見学した同チーム次の試合でも、
5、7、11の3人は、3人だけで攻撃を組み立て、
いとも簡単に再び2度のカウンターを決めた。
つまり事故のような点は、決して偶然ではなく、
向こうの本領だったということである。

もっともバックはそう大したことのないチームで、
いつでも点が取れそうなんだけど、
GKだけはこの年代規格外の大きさ・動きにより、
この日も失点はゼロ。
結局、4人にやられたと言っても過言ではないかも。

我が“なんちゃってボランチ”の言によると、
こちらは今日、不動のCBが休みだったそうで、
まぁそのことは差し引くにしても、
最高級のボランチな少女2枚を持ってしても、
キッチリ前で仕事のできる人間がいないと、
こういう結果もあり得るのである。

それにしても、あの5、7,11の、
チャンスをモノにする率は凄い。
冗談じゃなく1回のチャンスで1点…と、そんな調子。
この、前3人に、
こっちのボランチな少女2枚を組み合わせたら、
一体どんなチームになるんだろう…と、つい夢想。

後で聞いたところによれば、
あの3人+規格外のGKは、
ボランチな2人と同じトレセン組だそうで、
当然ながら顔見知りでもあるとのこと。
何だよ。

body__sal

ちなみに今回の結果は3位。
まぁ自分が無知なだけだったんだけど、
灯台下暗しってやつか。
いや本当の東京ってのは、あんなもんじゃなかったわけである。
すまん、
この前は“なんちゃって代表”も入ってたりしたんで。苦笑。

|

« 保険 | Main | メルドナ日曜 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 西が丘サブグラウンドでの衝撃:

« 保険 | Main | メルドナ日曜 »