« September 2005 | Main | November 2005 »

2005.10.31

出待ち

午前の遠征に続き午後も大遠征だったので、
さすがに「体力、気力とも限界越え」で、
最寄りの駅まですら歩く気がしなかったので、
通りかかった友だちに車に乗せてもらって、
toorigakari1
土曜日にそこからスタジアム入りした、
駐車場出入り口の所を通りかかったら、
toorigakari2
気持ちよく首位いぢめをしたチームのバスがちょうど出てきて、
toorigakari3
すると我がフリークス1号と同じくらい愛する変人Kちゃんが、
窓側に座って一生懸命ケイタイをかけていた。
そういう相手がいるんでお父さんも安心したよ。
めでたしめでたし。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.30

シバ原理主義

しって…

と言われたので、「OK、知りましょう」と、
遠路はるばる、
ってほどでもホントはなかったけれど、行ってきた。
とあるグラウンド持ち大会社さま?から招待を受けての、
親父球蹴りの遠征である。

shitte

というか、
ホントは別口の予定があったのだけれど、
シバ原理主義者としては、
やっぱり“シバ”の文字には勝てない。

shitteshiba

前回のシバに比べると、
少し物足りなさはあるものの…
なんて、
すぐワガママになるから、
親父たちというのは困りモノである。
少しとはいえ、時季が違うし。

で、ワガママついでに、
実は出席人員の数がカツカツなところ、
(ガキどもの大会シーズンでメンバーが欠ける)
“1時には早退するから”と、
さらに個人的ワガママを言いたい放題し、
ならばってんで、午前の部、連続出場(3試合)。
それもFWをやらしてもらった。
というか、やらされたというか。

試合内容については、
省略。

shittepitch

つうかねぇ、
年が19~27ぐらいのチームとやるのは、
どう考えたってムリがあるよね、やっぱり。泣。
1ゲーム目なんて、シュート1本だよ1本。
いや、自分が打ったシュートの数ってだけじゃなくて、
チーム全体でそれ。1本きり。苦笑。

向こうに一般ピープルが半分ほど混じった2試合目こそ、
3-0で遊ばせてもらったものの、
3試合目も文字通り、チンチンにされたのだった。

ちなみに、早退した後さらに3試合。
(その日は10時~4時という、
若者ならではのロング・スケジュールだった。笑)
結果は、混成チームとが1-0、
あとは 0-2、0-4ということで、
いかな歴戦の原理主義者たちとはいえ、
「体力、気力とも限界越え」だったらしい。

おもいしった…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.29

0時から3時

まで寝て、
残りの時間で無理矢理仕事を上げて、
そりゃま電車で行きたかったけど、
もう間に合わないんで、
というか去年も確か遅刻したんで、
フワフワ車に乗って、
9時半現地着。
10時半から下スタジアムにて3試合。

ree_man_cup

まぁ間に合って行っただけよくやったと、
ほめてくれるのは、
自分だけ、
なのはそりゃもうその通りでございますので、
出来については問わないで、ってことで。

あと、そんなこと今までやったことがなかったんだけれど、
右の腿の付け根が攣った。苦笑。

それと、2試合目の対戦相手と、
確かに悶着があったんだけど、
自分が起こしたわけじゃないし、
話を派手な方に膨らまさないように。
会う人会う人に「なに、キレたんだって?」とか、
聞かれて困ったよ。キレてないって。苦笑。

クマの電車カード、
あ、電車カードじゃなくてパスネットって言うんだっけか、
をもらった後、
死ぬ思いで、車に乗って帰った。おしまい。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.10.28

言語障害

肌寒くなってきてから、
どうもその気がちらほら。
あと、近視眼的。
というか、視野が著しく狭くなっているような。

細い路地から交通量の多い道路に出ようとして、
右から来る車に気を取られるあまり、
左から来る車とぶつかったり。(←たとえ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.27

ホーンテッド劇場

に行った。
恐くて気絶してしまった。

o_backe

…ところでホーンテッドって何?

テッドだから過去形だと思う。
過去形だとすると、ホントウ+ed のような気がする。
本当の過去形だから、本当だった劇場。ホントウだった劇場。
ホーントだった劇場。ホーントだ劇場。ホーンダ劇場。
下北にあるな。青森か。
下北かよ! それは“下ネタかよ!”ですね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.10.26

東京スタヂアム

確かに前回の日本一の時は、
オリオンズのファンだった。
電車で10分もかからないところに、
(駅からはずいぶん遠かったような記憶だけど…)
東京スタヂアムがあったのが一番の理由。
自分の中で東京スタヂアムと言われると、
まずはあのスカスカな石造りの球場を思い出す。
(あと、なぜかあそこではいつも食べてた総菜パンのことも)
現・調布のスタ“ジ”アムはその次。2代目。

hikarinokyujo

雰囲気のある榎本喜八が好きだった。
選手の好みの基準は今もあんまり変わってない。

ちなみに、
今は別にマリーンズのファンではない。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

2005.10.25

ぼういず・あんど・があるず(上)

少年の
唇薄き
初涼かな

fp

現実逃避継続…中?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.24

でバーベキューを絶賛開催中のところに寄り、
焼きそばを食べさせてもらった。
車だったんで、ビールは何とか思い止まる。

bbq

平たく言えば、いろいろ前にしての、
“現実逃避”ってやつなわけなんだけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.23

わっしょい

さてこっちは、
自分が着くのを待ってたかのように、
ミスター・フリークスがぱかぱかシュートを打ち始め、
うち、とんでもなく変な一撃が、
同点弾となって相手ゴールに侵入した。
その時はまだ1階にいてパン食ってたんだけど、
1階からパン食って見ててもホントよくわからない狙い目で、
打ったのが誰かはすぐわかった。笑。

で、ゲームは、
後半のおんなじような時間に、
お祭りになった模様。

sasa

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.22

ハットトリック

先週の都田に続く雨の多摩陸。
とりあえず伸吾と正男君がお休み。
ほかはスタメンのメンツ変わらず。

a_meno_tamar_iku

1点目はあっという間にど真ん中からFWが。
…だったんだけど、
それで楽勝と見切ってしまったのか、
(まぁ雨+足元の悪さのせいも大きいんだけど)、
流れが極端に悪くなり、
ひいてはいらないファウルまで与えて、
直接、FKをぶち込まれてしまう始末。

特に18番の代わりが、
目に見えて調子悪かったよ…

実は山根がキレキレだったんだけど、
前半などそんなわけで守りに忙殺。
もったいないというか何というか。
後半もかなり経ってから尾林を投入するまで、
“もう1点やられたりして”の空気すらちらちら。
ボランチの組み合わせってのはかくも難しい。

…なんで、せっかくのハットトリックも、
“そういやハットトリックだったね”程度の反応で終了。
すまんO久保。
でもホリやら何やらのバーポストだってあったし、
そもそもボーナス・ステージだったんだし。

ところで群馬では、
その大久保を上回る点をじじいが取ったそうで。
何だよ、そういうの見てる時にやりやがれ、ばか。
(1分ってのと、
88分、89分ってのが中でも見たかった…何じゃそりゃ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.21

2度目の運動会

undo_kay

とか言いつつ、
仕事をさぼってトンボ釣りに励んでいたのだった。

全ては蚊との闘いに勝利するために!

鬼畜3年柿8年。贅沢は敵、の方だ!いいなぁ敵!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.20

マンションの1階に

格納。

kaku_no

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.19

まそんなとくにどうってことでもないんだけど

今日で20年になった。

酒飲んでたらCLの途中でテキメンに沈没。
ウルトラマンとゴルドンがどうなったかも不明。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.18

が飛び回っててやたら10月なのに仕事にならない。
それも人の挑発的に飛び回るので回りを頭に来る。

O型の血液の赤血球の表面に付いている血液型の物質が、
蚊の主食の花の蜜と非常に近いためによく刺されるらしい。
O型は。知らなかった。絶滅計画だ。羽音だ。一番ムカツク。

黒っぽい服に誘引されるんだってよ。誘引。
それにしてもクモたちは何してんだよ。クモ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.10.17

反革命行軍之図

ムロランで道産子赤を退治し、
ミヤコダへ赤FCを成敗しにいく道中、
4年前豊田赤を4-0でぶっ叩いた映像を観て景気づけ。

anti-aka

…と思ったら、
もっとうざったらしい馬鹿赤と行程が重なったらしくうんざり。

まぁ脳無赤よかまだマシだけど。ってマシか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.16

復活

いや、敵の本拠hamamatuで勝つほど、
気持ちのいいことはやっぱない。
それも、相手が骨と伝統のある、
本物の強敵ならなおさら。

試合中に、またも雨が上がった。
ヘッドで真一文字の先制も、
勝負強い右足の炸裂も、
もつれ合っての押し込みも、
どれもこたえられなかったけど、
中でも今日は、18番に礼を。オーレッ。

miyakoda

それにしても、見る限り、
チームは完全に以前の絶対的な強さを取り戻したと思う。
天皇杯の4回戦も楽しみだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.15

雨の居ぬ間に

11時~1時。フルコート。
とにもかくにも雨のせいで、
まぁ、ほんとは雨のせいだけじゃないんだけど、
例のシバの日翌週のお遊びより3週間ぶり。
…なもんで体が重い重い。やだやだ年寄りは。

後から考えると、この昼の間だけ晴れ間が広がり、
実はとってもありがたかったわけなんだけど、
その時はひたすら陽射しが強くて暑くて蒸して。
キック力が3段階ぐらい下がって困った。
…どころか、飛行場隣到着時はもう死にかけ。

…のため、前半、いつにない緊縛の中、
半分落ちかけたりもしたんだけど、後半。
可愛い↓の人のアレから、ターボがかって異様なノリになり、

abechan
    アレ
何だか凄い興行に。
でも「これで最後にポコッと負けたらもっと凄い興行なのに…」
とか欲こいてたあなた方は絶対に、
正しいサポーターじゃないねと、ちゃんと自覚はしている。

…なんて与太ってたことのバチが当たったのか、
その1時間後には、
この人↓にからまれて泣かされたのだった。

bon_anniversaire
 ガンを飛ばす

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.14

空有

solari

今年からインテルですね。
まぁ、いとこ(レドンド)が手を回しての、
推薦入社じゃしょうがなかったろうけれど、
5年ぐらいでさっさと辞めて良かったっすよ。あそこは。

…って聞いてる?ホビーニョ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.13

どこで見たのか忘れたけど何かの新聞で、

脳学者の茂木氏が、

世にいう“快楽主義者”に案外つまらない人が多いのは、その場合の“快楽”が紋切り型だからである。

と連載コラムで。

「モテるオヤジ」がどうとかこうとか言ってる、
もう直球的に田舎くさい雑誌が売れてたりするらしいしなぁ…
「モテるオヤジ」はそんなもん読まねえだろ、と、
ベタなツッコミをするのもヤボなんすけど。

“俺たちダンカイの世代だから”と胸を張るような、
ダンカイな方はヘドが出るほど嫌いなんだけど、
「ポパイ」とかを金科玉条のごとくしてきた、
後世代のフィーバーな人だって大差ないわけで。

かなりひねた友人で、
「その紋切り型がいいんじゃないか」と言いそうな、
ザ・代理店な男がいるんだけれど、
なんでそいつと友人なのか、いつもよくわからない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.12

夢一夜

 こんな夢を見た。(©漱石)
 スパイクを持つのを忘れて、自分の結構大切な試合に、
遅れて行くと、校庭は閑散としている。

…いつものことか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.11

雨のち曇り

merry

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.10

朝6時過ぎに寝て、

「グラウンド作りのため8時集合」ってのは、
そりゃ確かにいささかヘヴィなスケジュールだったけど、
いざ「今グラウンドを見てきましたが田んぼ状態のため、
残念ながら本日の活動は全面的に中止です」(原文ママ)
とのメールが9時に回り、
第3回カップ戦予定分の1日がまるまる(8時~4時)空くと、
ついムダに時間を空費してしまい、
異様にムカツクことになってしまうのは何故なんだろう?

大好きなどぜうを食いに行き、
定休日を忘れてて店に着いたらやってなくて、
「じゃ、似てるから鰻にしましょうか?」と、
わけのわからないことを言われ(似てねえよ)、
でももうどじょうの腹になっちまってっからなぁ、
鰻なんか食えねえよ…とぶうぶう言いながらも、
仕方なく近くで鰻を食うことになり、
鰻はそれでもうまかったんだけど、
ほら、やっぱ鰻じゃ全然違うからよぉ、
どじょうの気持ちが収まりつかねえじゃねえか、と、
ムシャクシャしてたら「何、まだぐぢぐぢ言ってんの?、
いい加減にしな!」と怒られたのとちょっと似てる。
って譬え長すぎ。

ちなみに、
今日は大活躍する予定だったんだよねぇ…
そりゃやらなきゃ何とでも言えるし。

…と、何とでも言いつつも、
あんまりどじょうがムシャクシャなんで、
夜、寿司を御馳走になって、すこうしだけ気分が晴れた。
今日からまたゾロ目の年だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.09

じじいが

近くまできたってんで、
↓知らないチームのスタジアムへ。

mitsuzawa_a_ground

あ、こっちのAグラウンドの方じゃねえや。

mitsuzawa_b_ground

こっちだった。サブ・グラウンドの方ね。
…って、んなこたどうでもいいけど。

幸いにしてゲームが始まってからすぐ雨が上がった。
100%間違いなく、日頃の行いが良いからである。

jijii_2005

じじいは相変わらず、あっちにもこっちにも、
愛嬌振りまきやがってたほか、
ゲームでは、後半だけど、
あわや同点弾かという素晴らしいミドルも見せた。
まだ10年は大丈夫だろう、老人虐待できそうだ。
ただ、結局点は取れず、0-1敗退。

帰路、
坂を下りてる最中に室蘭組よりTEL。
北のチームはPK2発でキッチリ沈めたとのこと。
ハッキリ言ってJ2は相手じゃねえな、もう。
次だね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.10.08

新郎53歳、新婦32歳の披露宴に。

w

得るものがあれば、失うものもある。
でも得る決意が勝った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.07

いつか読書する日

「運命じゃない人」は割と封切り直後に観たんだよ。
監督の才気が迸る、ってな感じで、
笑う笑う、な場面も多い。
でも何て言うかな、
劇場から外に出た途端、
中身がすぐ散ってしまったというか、
心には全く残らなかった。そういう作りなんだけど。

ラク日に観た「いつか読書する日」はその真逆。
地味な映画。というより不器用極まりない映画。
ハッキリ言って最後の“事故”のシークエンスは、
そこまでの流れを台無しにしかねないほどにいらないし、
個人的にはその前のベッド・シーンだっていらない。
でも何て言うか。
馬鹿みたいに丹念に撮られた毎朝の牛乳配達とか、
気持ちに焼きつく。
キャストの“格”が違うってのも、そりゃあるけど。

おばさんの“走り”にここまで目を引かれるってのも、
そうはないだろうな。
田中裕子凄し。
すでに日本ではかなり頭抜けた存在になっている。

関係ないけど、“槐多”って名前はなぁ…
村山塊多かよ。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.06

思わず笑っちまうぜ蝦煎餅

pu
photo by Y

じゃなくて、実は蝦の種類で「ぷえび」という、
小型の蝦がいることを単に多くの人々が知らないという、
可能性があったこともあるかもしれないのであったのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.05

我らがメヒコ

がまたセレソン・ブラジレイラとやってるじゃねえかよ、の、
楽しみにしてたU17世界選手権の決勝をようやく録画で。

“蹴球IQ”なんてものがあれば、の話だけれど、
かの国の知能指数の高さに改めて感心。
いや、こいつら、まだケツ青だってえのに、
ほんとフットボールってものをよく理解してるわ。

攻撃では、素晴らしい飛び込みによる先制後の、
間髪入れずの二の矢で追加点、にシビレたし、
(やられた方は打撃大きいよなぁ…)
存在感抜群な途中投入グスマンの落ち着き払ったトドメも○。
守備では、全員今野みたいなおハコの強さ、しぶとさ。
大会最優秀選手アンデルソンへのタックルは、
行き過ぎ?だったにしても、
特にオブストラクション系の、
とりあえずなファウルのかまし方には唸らされるし、
(敵の攻撃の選択肢を確実に一つ潰している)
個人個人の球際の強さはもとより、
例えば日本のチームなんかより遥かに組織的。
観ていてずうっと「ほぉ、ほぉ」言いっ放しだったよ。
もしかしたら、どっかのJ1チームより強いんじゃねえの?

とにかく、ふてぶてしいほどの試合展開で、
あの時のトップ・チーム同様、王者を零封。
いや、こういう鼻っ柱の強いゲームを見せてくれんだったら、
仮に負けたとしたって文句はないな。

そして、アジア予選落ちの布監督U17代表を振り返り、
やっぱり目指すべきはメヒコだろ、
の年来の題目を、またぐだぐだ唱え出すのだった。苦笑。
サウイフキラハレモノニ
ワタシハナリタイ

U17世界選手権ペルー2005  メヒコ  3-0  ブラジウ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.04

火の玉ボーイ

と言うと、最初に頭に浮かぶのは、
やっぱり元祖の方なんだけど、

hinotama
↑元祖

新しい火の玉ボーイ、
(火の玉ボーイの前に“天下無双の”が付く)
ヒョードルの“氷”に対する“炎”の拳を持つ男の、
あの狂ったような負けん気にも、
見る度についつい笑みがこぼれてしまう。

come_on

ああいうカツーンと燃え上がるのが、
どっかのすぐ“へっぴり腰る”フットボール・クラブにも、
1人2人いればねぇ…と、よく思ったり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.03

万引き

17万から万引きをすると17。

ウルトラマンは万引きをしないけれど、
ウルトラセブンは万引きをしてもウルトラセブンだ。
人を見かけだけで判断してはいけないと思う。
ウルトラセブンは人じゃないけど。
ウルトラマンは微妙。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.02

1年近くぶり

って、日本語少しおかしいけど、
そういえばアローズごときに負けて以来だったか、
とにかく1年近くぶりに、
改修明けの“家”へ。
いや、ホントは夏前に改修は終わってて、
何試合かゲームもあったし、
1年近くってのは、単に自分が来なかっただけなんだけど。

casa

で、ゲームの方は、ひと言で言うと「懐かしかった」。

確かに先に点は取られたものの、
(真ん中をキレイに破られたのがご愛敬。苦笑)
押してたのは終始こっち。
“ま、ここらへんで同点にしとけば”って時間帯に、
その通り正男がドリブルから右に流し込み、
終盤の、“さて、そろそろもう1点取りましょ”ってところで、
ジャンボ君きっちり決勝弾。
そうだよ、どこで点を取りゃいいのか、どこが勝負所か、
チーム全体がよくわかっている、
そんな風に強かったんだよなぁ大貫時代は、
…2年かかったよ、
ここまで戻るのに。泣。

まぁ、まだ信用したわけじゃないけどね。笑。

でも、
自分が誘われて見始めた第4回リーグの頃に、
よく見ていたチームの姿へといくらか形を戻していて、
首位を叩いたってことより、
そっちの方が楽しかった。

*********************

隣りに座ってたのが恐らくJ1サポーターのカップルで、
しきりにチームを比べてみては、
“これはこれで面白い”
みたいな言い方をしてるのが聞こえたんだけど、
悪いけど、“これはこれで”どころか、
昨日の試合の73倍は面白かったと思うよ、
味方にしろ敵にしろ、ボッコンボッコン蹴ったりせず、
きっちりつないでフットボールしてるし。

帰り道に、
ファミレスでシャーベットを食べた。
しかし、古橋は凄いわやっぱり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.01

白が

36点差で勝った。

sans_shiro

1カ月1点差とするとぴったり3年分だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2005 | Main | November 2005 »