« 名物社員 | Main | 23区を挙げてみる »

2005.11.28

30分ほど

遅れて日曜のオヤジ球蹴りへ。

その30分が、
“ボールを後ろに戻してクロス”、のたすきがけ練習で、
うわー、それやっておきたかった、だったんだけど、
遅れて入ったんで何やってんのかその時はよくわからず、
「そっちに蹴るんじゃねえよ」、「それをシュートだよ」、
失笑されただけで終わった。げおるぐ恥。

…だったんだけど、フルコートでの試合に入ると、
ここしばらくなかったいい調子で、久々の得点なども。
エリア内でトラップし損ないの高校生に声をかけて、
落としてもらったボールを右足で逆コーナーへ、ってのと、
CKからのDFクリアをコースぎりぎりに、ってのと。
実は水曜が恐ろしく冴えなかっただけに、
調子ってのは水モノのような気が。

ただ、最近は、点を取るより、
局面局面での動きに新たな面白さを見出したりしている。
球を受ける時の位置や姿勢や体の向きや、
フェイクの挟み方や視野の確保や腰の入れ方や、
瞬時に判断しなきゃいけないことが山のようにあり、
でもポイントをつけば、たとえば全力で行かなくても、
抜いたり崩したりGKが取れなかったり、ってのが面白い。

あと、つなぐ面白さ。
どのタイミングまで球を持って、
どのタイミングで球を離すか、とか、
ドリブルや無駄走りにどんな緩急をつけるか、
あるいはどんなキックを選んで周りと合わせるか、とか。
そりゃ何を今さらなことばかり、なんだろうけど、
ちゃんとした教育を受けてない者にとっては、
基礎こそ奥が深くて面白い。

面白いといえば、降格したJ1チームの、
元来やっていたこと/旨としてたこと、なんかが、
面白くてしょうがないんだよね。
ぼっかん・フットボールに災いあれ、ってな感じで。

特にオヤジたちはどんどんスピードがなくなっていくわけで、
自分たち的には、
そこにしか活路が見出せなくなるのがわかってる、
ってこともあるんだけど。

あと、ヘタクソは、少しでも練習して、
理に適った動きを身につけておかないと、みるみる、
誰にも相手にしてもらえなくなるだろうからなぁ、きっと。
…と、危機感は少なからず持っているのだった、
ああ見えても。笑。

2時間走って急いで帰宅し汗を流してから銀座へ。

|

« 名物社員 | Main | 23区を挙げてみる »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 30分ほど:

« 名物社員 | Main | 23区を挙げてみる »