« 秋展 | Main | そもそもの力 »

2005.11.20

ケツ青な頃の自分には両方とも恐ろしく高い

本だったミシェル・サヌイエのダダ史本と、
東野芳明さんのデュシャン本。

tono

人生、道を間違える決定打になった、
2冊だったと思う。今考えると。苦笑。

多摩美で数度お会いしただけですけど、
心よりご冥福をお祈り申し上げます、というか、
あの食えないローズ・セラヴィのおっさんと、
天国で再会してることでしょう。

|

« 秋展 | Main | そもそもの力 »

Art」カテゴリの記事

Book」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15384/7245216

Listed below are links to weblogs that reference ケツ青な頃の自分には両方とも恐ろしく高い:

« 秋展 | Main | そもそもの力 »