« サム・ライミ | Main | 移転 »

2005.11.11

インターホン

確かにどうしてインターホンって言うのか、
という問題もあるのだけれど話が先に進まないんで、
そいつはとりあえず置いとくことにして、
正面玄関のインターホンが壊れたため、
思い切って全面リニューアルすることになり、
自分割り当ての子機というのも新しくなった。

この子機がだ。

誰か来て表でインターホンを押すと、
ピンポンと鳴ってその来訪をお知らせするわけなのだけれど、
ってそんなことをわざわざ説明する人間もいないんだろうけど、
この子機のそのピンポンがなぜか、
やたらと気持ちいいのである。

そもそも個人的にはベルだのチャイムだのの告知音系、
というのかネーミングはよく知らないけどとにかくそれが、
大嫌いで前の子機の時も音量を最大限に絞ってたら誰か来ても、
わからなかったりしてすこぶる不便だったのだけれど、
新しい子機のピンポンは、うーん、どう説明すればいいのか、
口で説明すると、ピーーン・ポーンみたいな感じで、いや、
もっと正確に言うと、ピーーンとポーンの間が中黒ではなくて、
書くとピーーン ポーンみたいな空白があって、
その半角~1角分の空白に微妙なタメがあるのである。
印象としては、ピーーンでいったん音が途切れかけ、あれ?っと、
思った瞬間にポーンがスキを突いて始まっているというか、
そのポーンの始まり感が、ちょうどおしっこ漏れそうになって、
トイレに駆け込んでギリギリあともう2秒遅れたらダメだったけど、
何とか間に合った時のあああ良かったあと思うそこはかとない、
解放感に似ているというか、それでいて前のめりの、
シンコペーションになっているというか、何言ってんだか、
よくわからないけど、ともかくそのピンポンの間というかタメが、
あまりに気持ちよすぎて子機をじっと見つめたまま、
早く誰か来ないか今か今かおい誰も来ねえのか来るんだったら、
早く来やがれ来いったら来いってんだよまだかよおせえよと、
まばたきもせず待ち続けてしまうほどの強力な子機なのである。

よって、仕事にならないぐらいのことは仕方がないのだった。

|

« サム・ライミ | Main | 移転 »

News」カテゴリの記事

Doubt」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference インターホン:

« サム・ライミ | Main | 移転 »