« November 2005 | Main | January 2006 »

2005.12.31

「あべのあ

って、安いの安?」
「違う、プーリタントーポーのプー」
年賀状書いててそんな答えが返ってくる、
劣悪な環境で生きてる小学生。

いやいやいや。
強いとか強くないとかもうどうでもいいね。
1発目のパンチが出た瞬間に、
ぐわっと心が沸騰する選手なんてそうはいないと思う。

3分56秒KO後のインタビューで、
“青春はめちゃくちゃだったけど…”みたいなことを、
言ってたのには、素直にグッときたぜgomiよぉ。
…などと大騒ぎの横で、年賀状書いてる小学生。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.30

ワイルド・アット・ハート

大掃除、というか機器の大配置替大会(強制)、
をしてたら昔のビデオが出てきてかけながら(観てはいない)、
大掃除、というか機器の大配置替大会(強制)。

冬はあまり休みが取れず、今日、
大掃除、というか機器の大配置替大会(強制)、
をしないと、いろんなことに差し支える、
と思う。

篦棒に気に入りの大バカ作。
“ラヴ・ミー・テンダー”まであとちょっと。

wild_at_heart

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.29

思い立ってどっかーん。

突然思い立って、電話を代えた。
新しい番号は、3210 - どっかーん!だ。
思い立ったらすぐどっかーん。

…ってことはいいのだけれど、
その電話を代えるのに店に入ったのが、
何せ思い立ってなもんだったんで、
終業の10分ほど前。
で、そこからなぜか、
1時間半もかかったのだった。苦笑。
いや、苦笑じゃねえよ。
応対してもらった大田さん、
(時間がかかったのはきっと彼女のせいではない)
このクソ忙しい年の暮れ、
あんな時間にのこのこ行ってほとんど不条理な残業に陥らせ、
心よりお悔やみ、というかお詫び申し上げます。
大変だったよね。こっちも大変だったわ。
どっかーん。
意味不明。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.28

なるほどこういう風になるんすか。面白。          でもちょっとでけえな地図。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.27

昼茶

新仕事先の忘年会?で恵比寿方面のホテルへ。
席の関係で軽食方面にあまり手を出せなかったので、
要はドリンク・バー。ボーイさん付。
話は読み書きは何のためにするのかについてなど。

hiru_cha

最終決戦でのあの「ハッピー・バースデイ」は凄かった。笑い飯。
無意味な話が下らない方向に異様なテンションでどんどん、
ハジけていって、もうマルクスやパイソンズを見てるかのような、
そんなハイな気分にすらなった。別に詳しいわけではないけれど、
あのステージでは文句なく一番のネタだったと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.26

年忘れカップ戦 2005

寝坊したんで、グラウンドに着いた時は、
自分のチーム、もう2試合も終わってて、
…っても午前中には行ってんだけどさ。苦笑。

で、対戦表を見ると、
我がAチームの宿命の?ライヴァル、Bチームが、
何とすでに3勝してやがり、
ウチもそこまで1勝1分だったんだけど、
いきなり負けも引き分けもできない戦いがそこにある。

…なんだけど、
着いてすぐ、おいおい少しぐらいアップさせてくれの、
アップアップな剣が峰勝負は、
敵に先制を許してしまう苦しい立ち上がり。
それでもGKの手をはじくボランチの素晴らしいシュートで、
追いつきはしたものの、追い越しはできず、
結局引き分けてしまって、
その時点でBの初優勝が決まってしま…

うのは非常にむかつくので、
レギュレーションを(ひそかに)変えて、勝ち点は2、
「ってことは勝ち点6と勝ち点4だから、A v.s. Bの、
次が決勝だねぇ」とチーム全員大声で語り合ったり。
Bには無視されてたけど。←大人げない。

そして迎えた決勝戦。
こいつらだけには絶対負けねえと、
意地と意地のぶつかり合う勝負は、
前半、微妙なPKをもらってAが先制! 笑。
さらに後半、
ちなみに今日は自分の場所の右前を、
ずっとやらせてもらってたのだけれど、
前から怒濤のチェイスに行ったのが利いて、
Bディフェンダーのバック・パスが思わずそれ、
そいつを浚ったウチのCFがトドメを差して、
見事Bを倒した。ばんざーい、ばんざーい。ゆうしょーだー。
(たとえ勝ち点2にしても、2-0じゃ、
まだ得失点差でB優勝だったんだよなよく考えると)

表彰式で、初優勝?に湧くBに、
「ま、おれらは負けがなかったわけだけど、
負けても優勝できるなんてラッキーだったよね」と、
祝辞を贈ることを忘れなかったのは言うまでもない。

今年は全5チーム参加して、
優勝がBでAが2位。
1-2フィニッシュ、どころか、
準優勝以上をウチが取ったのは5回目にして初めてのことらしい。
すみませんねぇ他チームの皆さん気を遣わせてしまって苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.25

あつけなし

都大会本番。
第1試合は9時半キック・オフ。

仕事が終わらず、ギリギリ駒沢へ。
第1試合を見てから、チャリでいったん家に取って返し、
そのまま仕事を片づけて、恐らく1時ごろからになるであろう、
第2試合にもう1度来よう…と、そんな予定だった。

確かに。
いつも右サイドを突っかけていく主力職人の1人が、
急遽風邪で倒れ、
ボッカン・サッカーの嫌がる翼攻めを失ったのは痛かった。

saw

けれど、あくまでも、
翌日曜日のベスト4に進むのが大命題だったため、
まさかそんなところで、
しかも、
あんな“怒鳴り”指導のボッカン・チームにやられるとは、
正直考えてもみなかった。

特に前半など散々っぱら押してた中、
後半、それまでシュートもなかったような相手が、
CKをヘッドで。

J1、JFL、そして今日と、
最後にきて全てが虚しく、呆気なく。
…今年はそんな年なのかもしれない。

6年生たちはこれでこのチーム引退。
お疲れさん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.24

年末恒例総当たりカップ戦速報

ベスト4の第4位でした!
出場4チームだけど。

まぁ、ボランチの差だった。ってことで。
というか、
そんな重要なところを任す方も任す方だけれど。笑。

しかし何が悔しいって、
3決、というかビリ決定戦で、
また自分とこのBチームに、
1-3 で一蹴されたのが悔しい。

ここんとこ連覇を続けていた一中OBチームは、
宿敵のチームとつばぜり合いになり、
凄いミドル一発で沈んで、王座を明け渡した。

yokyo

でも、実を言うと、
本番?は明後日なのだった。8~4時。
今日(12~4時)のはあくまで余興なんで。

ケガ人多数だけど。苦笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.23

浮世絵の快楽

メシ時に、
たまたま付いてたTVでたまたまやってたんでたまたま見た。

こういう“外国人(特に白人)の見たニッポン”って作りが、
好きだよねぇ、相も変わらず。
いつの時代だよ、とか思うけどさ。
…って番組見てる方も見てる方だけど。笑。

刷りの工程だの絵具(色)の制作だのの部分は面白かった。
“下町”ってのは男性名詞なんすね、ふうん。

ってことで、これからカップ戦へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.22

女優

行きつけの小割烹にて、
忘年会なのか何なのか毎度不明ないつもの飲み会。
最初は5人とか言ってたのだけれど、
外務省筋、商社筋と来て、ほぼフル・メンバーだった。

kappo

刺身も煮物も揚物、焼物も全部おいしかったんだけど、
とりわけシメの鯛飯にじーん…けりー雨に歌っちゃうぞ。
量もあったんでついおかわりを2杯も。重くヤバイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.21

富士に登る・シリーズ完結!

前回までのあらすじ

六合目は見当たらなかったんで飛ばして。

nappa_go

ついでに七と八も一緒に飛ばして。

q_go

岩が多くなってきた、あ、あと少し…

chan_chan

ちゃんちゃん。
(先着のどっかのおじさんが頂上制覇の感慨にふけってた)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.20

凧に凩

歯車の
かちりと回る
結氷期

taco_nico_garasi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.19

北風ピープーがやんだので、

2時からフルコート。

1人ゲストで若い君が入り、真ん中をやってもらう。
面白かったのは、
彼にボールを出すとすぐはたいてくること。
最初はボヤッとしてて、
はたきに追いつけなかったりもしたけれど、
ちょっとコツがつかめるようになったら、
楽しい楽しい。
最近、前に出る時は左をやるようにしてるんだけど、
近くに寄ってくる彼と、
相手の右を何回かワンツーで崩した。
どっちかって言うと走るのは好きだから、
ハマリそうだよ、ワンツー。笑。

チーム的には一番弱かったので、
(やはりゲストで、
ロクに守れない自称“攻撃の人”がいたし)
最初は負けが込んでたものの、
最後のゲームは、若い君にスルー・パスを決めてもらったり、
一番強いチームに圧勝。
そういうのも親父蹴球の不思議な特徴だと思う。

4時をすぎて陽が陰ると、
途端に冷凍庫になって死にかけるけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.18

忘年会

仕事ですっかり遅くなってしまったのだけれど、
11時すぎにママチャリでウルの忘年会に行き、
次のカラオケには行かないで(もうへろへろだった)、
1時40分ぐらいに帰宅。

ウルの皆さんは元気…だったと思う。おぼろげ。

chonan

写真は見送りに出てきてくれてたウル家の御長男殿。
もう深夜だったし冷え込んでたのに、ありがとう。おぼろげ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.17

あー本日は

お日柄も良く、御両家の皆様におきましては…

piro_me

【禁句s featuring Ray Davies】
度々、重ね重ね、再度、帰る、終わる、割れる、切れる、
戻る、離れる、繰り返す、飽きる、流れる、薄い…

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2005.12.16

積年の

まぁ朝青龍の年だったわけ
だよね相撲は。でも優勝の
時にふと思ったんだけど元
寇の時対馬だの壱岐だの
占領された島の人たちって
やっぱ複雑な心境なんだろ
うか苛酷な目に合ったと伝
えられてるし例の会津と山
口の微妙な関係みたいに。

でもそれよりどうしてそんな
事を書き始めたのか。全く
覚えてないと言っていい。
謎。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.15

富士に登る

ここまでぐらいはそりゃ軽やかに。

sun_go

すでに息が上がり始める?

yo_go

車で来てここスタートだった方がよかったような…

gogos

続く。…続く?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.14

ここ

(ブログ)までは影響が及んでないようなんだけど、
どうも@hp自体にトラブルかメンテの手が入ってる模様。
FTPもつながらず。カウンターとか出てないでしょ?

…とたまにブログ・カテゴリーの記事を作ってみる。
しかもブログの話じゃないし。やれやれ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.13

物欲難

そろそろ、いろいろ支度ってものもあるんで、
サンタ・プレゼントのリクエストを代行御用聞き。

…なんだけど、
モノ余りの中で育ってる今の子ならでは、なのか、
それとも、
我が家固有の大貧乏に慣れてしまってるため、なのか、
どうもウチの連中はすこぶる物欲に乏しく、
だいたい、ついこないだの誕生祝にも、双方とも、
シャーペンだの、孫の手だの、
ほとんど100円ショップで事足りるような、ありがたい、
いや、夢のないモノを所望してたため、
当然ながら、サンタ・プレゼントにも、
はかばかしいリクエストが返ってこないのだった。

“それでも何かあんだろよ”と強制したら、
上は、“通販生活”の表3だっけかに載ってた、
そういえばあの積木のパズルがいいかなー、と。
で見てみると、おスイス製、税込25,200円也って…、
んなもん、サンタが買えるか!
と言ったら、そのうち2万円は、
自分持ち(お年玉とかの預貯金分)でもいいそうで、
サンタがいつもプレゼントを残していく窓に、
封筒にでも入れて置いとけばいいかな、そしたらサンタが、
「あ、どうも、こりゃ助かるわあ」
なんて言うサンタがいるか!

一方、下は下で、
リクエストの用紙に何て書くかさんざんっぱら迷った挙句、
母親に、
「サンタさんがいいと思うものでいいから…って書いていい?」

…やる気なさすぎ。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

2005.12.12

2回出てくるから

ok_aimoto_memitewa

単なる書き間違い、ってわけじゃあないんだろうなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.11

極寒

の中、午前中は、
年末恒例親子蹴球大会、
だったんだけど、
6年生は秋期大会の試合がずれ込んでいて、
親子蹴の合間に、
応援に行くのが入ったり。
(準決は負け。3決は勝って3位)

親子蹴の試合の方は、
3、4年ぐらいのガキどもにはまだまだ。
顔洗って出直してきな、ってなところでしょうか。

で、顔を洗って出直して、
夕方からはこちらも年末恒例、
浅草連中との忘年会。

yoshiwara

周辺にお勤めのおねいちゃんとの、
○○旅行なお話など。笑。

ただ…、
紛う方なきディープに下町糞親父な同年代の、
さりげなく気を利かせた物言いに、
ふっと、楽にさせられることがあったりも。
引導だね。笑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.10

逝世10周年

あと展覧会といえば、こいつも見に行ったわとついでに。
当然ながら、終了間際の駆け込み。馬鹿?

主に舞台衣装だの写真だのの展示と御婦人ファン向けで、
興味あるようなものがないのはわかってたんだけど、
香港フェニックス(鳳凰)TV制作の特集番組が、
ビデオで流されてるとの話は聞いていて、
ほとんどそれを見に行ったのだった。

haku_hing_teng

日本製だったらたぶん収録されないようなシーンも、
いろいろ出てきて、篦棒に面白かった。
珍しい東南アジア(シンガポール)公演の、
記録映像なんかもあったし。

名前が鄧麗“君”じゃなくて、
鄧麗“均”(←この字にたけかんむりが付く)と書くのも、
初めて知った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.09

続き

そういえば書こうと思って忘れたまま、
放っときっぱなしになってたんだけど、
この日の、
「2時間走って急いで帰宅し汗を流してから銀座へ」
の続きを、今ふと思い出して。苦笑。

銀座へは、こいつを見に行ったのだった。
最終日ぎりぎり。
いっつも、および、どんなことでも、
締め切りぎりぎりにならないと動けないというのは、
果たして大人としてどうなのかと。

とはいえ、
'93年に世田谷美術館であった「パラレル・ヴィジョン」展に、
人生それまで見てきた美術展が束になってかかっても、
かなわないと断言できるほどの衝撃を受けた身としては、
たとえ、象徴主義だの表現主義だの超現実主義だの、
そこらへんの主義はスルーできても、
この過剰なエネルギー展をスルーすることは、
どだい許されない話なのだった。

art_brut

1階には大好きなクレパンやらラミレスやらダーガーやらが、
ばんばんばん、と。
ただ、一番目を引かれたのは、
炭坑夫ルサージュの細かい細かい装飾画だったけど。

lesage

あまり他人の感じがしない松本国三の大作があったし、
そういえば、ゾネンシュターンの作品なんかもあった。

(系統の絵はここで見ること可能っす。興味があればぜひ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.08

朝メシ時

そっかあ、あれは、
かとぅーんと発音するのかあ。

黙ってたけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.07

大殿は今

えー。
確か、昨年のこのぐらいの時期に、
やんなちゃったと仰せになられて、大々的に、
引退試合なんぞもおやりになられた大殿39才…なんすけど、
古巣の白黒抹茶…じゃなくて白黒赤十字で22点を取り、
今季のカンピオナート得点王に輝きました。
ってバケモンかあんたは。

ootono

「おいらもそろそろ引退が近づいてっけど、この年で個人的な賞を手にできるってのは嬉しいね。コンディションはバリバリなんでプレーを続けてる。ヴァスコはまるで故郷のような感じがするよ」

つうか、「そろそろ引退が近づいてる」ってあーた…苦笑

サンパウロよりヴァスコが来ればよかっ…むにゃむにゃ。
ま、誓って大殿は来ないだろうけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.06

2月には完成してた

ドーム事務所に初見参。
もっと早く行かなければいけなかったんだけど、
のんびり屋さんなんで。

visioni_dome

写真は自分が撮ったものではなく、
ブログにあった画像を勝手に。
ズバリ著作権侵害というやつなのだった。
3年以下の懲役又は300万円以下の罰金。
罰金といえばパツキンと似てる。…似てる?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.05

面白し雪にやならん冬の雨

寒いだけでちっとも面白かねえよ、芭蕉先生。

cest_ichi

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.04

初体験(某休日夜)

「やったぜ!」
…なのは選手たちで、
要するにそれにかこつけての単なる飲み会。

前の、W杯西独大会の話になって、
ボンホフの名前を出したら、
「ライナー・ボンホフでしょ」、
と軽く返され、
ただ、
そう返したのが女性なのは初めての体験だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

身勝手(某休日午後2)

「もうこのままでいいからさ、ヘタに点取んなよ点」。
「何やってんだよ川向こうは。空気読まなさすぎ」。
「おいおい赤が優勝しちまうじゃねえかよ、冗談じゃねえぞ」。
「リード? ようし点取れ点。目にモノ見せてやれ」。
「あ゛ー川向こうまた同点かよ、点取らせてやれ点、やばいって」。
「やられたー。でもこのままでいいよ。ダメ男信用できねえし」。
「ほんと、ダメ男はとことんダメ男だな」。
「ん? リード? なら遠慮するこたねえぞ、とっととぶちこめ」。
「あー良かった。あんだよ、やるだけのことはやっただろうが」。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.03

東京への道(某休日午後)

川を下って場所を代え、
少女チーム、
中央大会へ出られるか出られないかの決戦の地へ。
っても3決なんすけど。
(上位3チームが進出)

river_side

主将グダグダだったものの、
何とか勝利。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

戦術変更(某休日午前)

ground

とてつもなく広い高校のグラウンドにて、
オヤジたちは年末カップ戦の予備選。

どれぐらい広いかというと、
写真に人が写ってるけれど、
そこがセンター・ラインだ、
ってぐらい広い。
(いやもしかしてセンター・ラインじゃないかもしれないけど、
気持ち的にはあくまでそれぐらい広い)

「ペナルティ・エリアから、
センターを越えるだけでも疲れんじゃねえか?」、とか、
「ボールが隣りのポジションまで届くのかよ」、とか、
「それよか声が隣りまで届くのかよ」、とか、
真顔で話し合ってるオヤジたち。

で、
ふだんは 3-5-2 みたいな形でやってるんだけど、
1試合やったら、
ボランチ以下中盤が見事に全滅した。笑。
だもんで、
2試合目からは 4-3-3 みたいな形で、
縦には絶対に勝負せず、
ワンツー等でつなぎながら、
ゆっくり押し上げていく戦術を即日採用した。
プレスなんかかけるのはバカ。

でも、
高校生ってのはすごいんだね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.02

大阪

ということで、
そういえば文庫で見かけて買っておいたのを、
ふと思い出してしばらく再読してたのだけれど、

mon

こういう“夜の果ての旅”な話には、とてつもなく弱い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.12.01

ほとんどその場所そのものに

呼ばれたような訪問だった。
予定してたわけじゃない、
成り行き任せの。

ex2_go_to

もちろん知りもしなかったんだけど、
プレートを見ると11月1日の着工だったようで、
元あった建物はすでに跡形もなく。

2-5

もう2度と来ることはないだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | January 2006 »