« いろいろあって | Main | 白南準 »

2006.01.30

再認識

10時~2時。フルコート。
久しぶりの小春日和、に送迎もついて、
(近くに住むチーム・メイトが車に乗っけてくれた)
支度は上々、だったのだけれど、
グラウンドに着いたら、
見知らぬチームが2つ来ていて、
気分的には少し、いきなり、ってな感じの親善試合、
それが、非常に、
つまらなかった。

というのも、相手の1つは、
高校生含む10代~20代前半の若手3人を擁していて、
最初の試合は0-4。
その3人だけに3点取られ、
ほかにもいいように攻撃され続けた。

ハッキリ書くけどさ。
スライディングはするし(親父サッカーではいちおう禁止)、
親父の一人などふくらはぎ蹴られて肉離れしてるし、
お前らバカかと。
(というか、そういうのを連れてきて何とも思ってない、
体育会系親父が脳軟化なんだけどさ。苦笑)

だいたい、動きからしてもう違うわけだよ、
当たり前だけど。
例えば、親父どうしだったら、こう切っとけばOKだろう、
って所からでも平気にシュートが飛んでくるし、
体の入れられ方や球への寄りだってハンパじゃなく早いし、
当たり前だけど。

でもって、まぁスピードの違いはまだいいとして、
スバラシイ本気のテクニックを見せつけて、
ぱかぱかシュート打ってケガまでさせて、
年が倍以上の親父相手にそういうのって、
楽しいもんなのか?
自分自身ヘタクソでそういった経験がないんで、
よくわかんないんだけどさ。

自分より明らかに力の劣る者に対して、
そういう対応しかできないってのは、
要するにアタマがない、と考えていいんだよな。
ま、いくら「サッカー」が中途半端にうまくても、
バカじゃしょうがねえか。
だからこんなところでやってるんだろうし。
悪いけど、バカにはムリだから。
いや、それは「サッカー」だけじゃなくて。

で、こん時もそうだったんだけど、
改めて再認識したのは、
あまりに年が違うのとは、
もう金輪際やりたくない、ってこと。
理由はただ1ヶ。
つまんないから。
仕事でもないのにつまらない球蹴りをやる必要はない。
それを強いられる義務もない。
事実、全5試合のうち、親父どうしでやった2試合は、
それなりに面白かったわけだし。

…とまぁ、負け犬の遠吠えでした。ちゃんちゃん。

後日談、ならぬ後時談。
夜、料理屋に親戚が集まって、
義母の喜寿の祝賀会があったんだけど、
メシ食ってる最中に突然、
思いっ切り両腿の裏が攣った。
何とか気づかれずにやり過ごしたんだけど、
ほとんど恐慌状態。死ぬかと思ったよ。
というか、これだからじじいは困る。苦笑。

|

« いろいろあって | Main | 白南準 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 再認識:

« いろいろあって | Main | 白南準 »