« さらにお話にならない | Main | 全国茶蘭放研究会 »

2006.02.21

レイ・バレット

そりゃよ。
あのペナペナなフュージョン連作に、
“あっちゃー”と思ったりもしてたよ。
特にファニア後期は。

でもよ。
ビシバシのハード・ドライヴィングなサルサで、
ガチンコのコンガ叩かしたら、
敵う者はなかったね。

N.Y.ラテン・コネクションの、
紛れもない立役者の一人。
アダルベルト・サンティアーゴのTIPICA73だって、
分家楽団だったんだし。

barretto

知らせは知ってたんだけど、
覚書しとくのがいつもながらに遅くなってしまった。
そうか、プエンテ親父の楽団には
モンゴ・サンタマリアの後釜として入ったんだねぇ…

|

« さらにお話にならない | Main | 全国茶蘭放研究会 »

Oto」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference レイ・バレット:

« さらにお話にならない | Main | 全国茶蘭放研究会 »