« 前半終了間際 | Main | 梶山的には »

2006.04.28

ヒストリー・オブ・バイオレンス

クローネンバーグ新作。
タイトル、ずっと「エンド・オブ・バイオレンス」と
勘違いしてたのは何でだ? 個人的希望か? 苦笑。

中身はまぁそれとして、
とにかく主人公のあまりの強さに爆笑&心ワシ掴まれ。
確かにアンタ、
転職はもったいないよ…ってな映画じゃないですねすまん。
あと、描写は非常に大人しめ。
頭が吹っ飛ぶぐらいのことなら、ファンは四半世紀前に鑑賞済。
何か心境の変化があった?…わけないだろうけど。

ただ、幕切れは良かった。過不足なし。
彼の映画の終わりには裏切られたことがない。さすが。

…と、それより現在御休憩中の、
これ↓。

Extube

単なるメンテ? それとも 、また逢う日まで by 阿久悠?
さあ、どっちだ。 笑。

|

« 前半終了間際 | Main | 梶山的には »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヒストリー・オブ・バイオレンス:

« 前半終了間際 | Main | 梶山的には »