« ま、見てないから | Main | Television Personalities »

2006.05.01

“しゃちほこばる”への欲望

と書くと、何かいやらしいことを書くかのように、
とりわけ“欲望”の部分に、
それを感じさせるかもしれないのだけれど、
いや、“感じさせる”と言っても別に、
うっふんあっはんさせるわけではないのだけれど、
何かいやらしいことが書かれるのかと思うのなら、
それは違う。
いや、いきなり文字を大きくされても、
そもそもタイトルが何だかよくわからないところに、
それは違う。
と、唐突に言い放たれても何だかなあ、だろうけど。
要は、しゃちほこばるについて書きたくなったのだった。

そこで、
まずしゃちほこばるを二つに分割してみる。
この、しゃちほこばの二分にあたって、
しゃちほこ/ばる、が一般的な分割位置と、
通常なら考えがちなのだけれど、
そうは問屋が卸さない。
問屋が卸さなければ産地直送だ。
すなわち、しゃち/ほこばる、という、
いわば産地直送二分法もある。
では、しゃちはシャチとして、
ほこばるとはいったい何なのだろうか?
クロアチアのドナウ河畔にブコバルという街があって、
悲愴な映画になったりもしているのだけれど、
ほこばると何の関係があるんだ。

そう考えると、ばるだって変だ。
バールか?
しゃちほこバールか。
持ちにくそうだけど。じゃ、ほこバールは?
まさかと思うけれど、矛バールか。
シャチの矛バールだ。
いや、「シャチの矛」がブランド名かもしれない。
鯱対鯱の矛。
鯱と書いてシャチともしゃちほことも読むらしいので、
人によってはシャチ対しゃちほこのほこ、
と勘違いする輩がいるかもしれない。
でもしゃちほこのほこ、というのは、ほこのほこ、
の部分がちょっと気持ちいい。
気持ちいいだなんてやっぱり、
ちょっといやらしかったわうっふん。

|

« ま、見てないから | Main | Television Personalities »

Word」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference “しゃちほこばる”への欲望:

« ま、見てないから | Main | Television Personalities »