« 30?年目にして知る事実 | Main | 祭月間2006・中日 »

2006.05.28

日本代表ついに頂点へ

日本 5-1 ウズベキスタン

いや、もう何も言うことはない。素晴らしすぎ。
キューバを破った野球の決勝もそうだったけど、
この最後の試合、それも王者への絶好機に勝ち切れる、
というのが真に強いチームだと思う。
(1度頂点に立てば、後は地位がチームを作っていくし)
昨夜の、息詰めて速報を待ったイラン戦完勝に続いて、
快挙って意味では、ここしばらくは覚えがないほどの、
快挙!(フッチボル組のアジア杯制覇以上は間違いなし)
チームの力を点という形に結びつけたグレヒカルド
鈴村を始め、選手の皆さん、
それにサッポ、サッポ、サッポ、サッポ、
本当におめでとう。
大ちん、やったね! 
ここん家の中学生の愛弟子を筆頭に、
下の代にとってはどれほど励みになることか。
そして、絶えず熱いサポートを続けてきた、
何人もの顔見知りな遠征組の人たち、
タシケントの空は一生忘れられないものになっただろう。

もちろん、
現世界王者のスペインや、
壮行試合で揉んでもらったブラジウ、イタリア等々…、
イラン以上の強豪ひしめくここからがまた、
遥かな道のりなのだろうけど。

…でもさ。
長いと思ってたここまでだって、
今思えば本当に、あっ、という間だったよ。

AFCフットサル選手権 ウズベキスタン2006
準決勝 日本 5-1 IRイラン
決勝   日本 5-1 ウズベキスタン

|

« 30?年目にして知る事実 | Main | 祭月間2006・中日 »

Futsal」カテゴリの記事

Comments

感激ひとしおですね
昨日は雨の中、福生でボール蹴りをしたすぐあとで吉報知りました

殿をはじめ、いろんな方々との出会いでここまでのめりこんだフットサルという世界
その、フットサルがいま身近なところでとんでもない快挙をなしとげた。しかもなんのアドバンテージもない真っ向勝負の舞台で初制覇、というのが貴重なものかと

来年は確か東京開催だから、本当の意味でもっと世界が変わるかも

もうドイツはどうでもいいですね(?)

Posted by: socio napoletano | 2006.05.28 at 08:50

>もうドイツはどうでもいいですね(?)

ドイツより断然嬉しいですし。
…といっても、右だの左だの意味がないほど、
報道が一方向に都々逸都々逸と翼賛体制していて、
快挙が快挙として、
殆ど伝えられてないのは残念なんですけどね。

それでも、
例の代々木「数えるぐらいしか客いねえよ」を、
socio napoletanoさんと電話で話したのなんて、
ついこないだのような感じなのにねぇ…
確かに感慨は深いですよね。

Posted by: 泡羽 | 2006.05.29 at 17:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15384/10269491

Listed below are links to weblogs that reference 日本代表ついに頂点へ:

« 30?年目にして知る事実 | Main | 祭月間2006・中日 »