« ドイツ2006 その10 | Main | ドイツ2006 その12 »

2006.06.16

ドイツ2006 その11

◆パラグアイ 0-1 スウェーデン

直前の交代したての時に同じような位置から強引めに打っていきいや打ちたい気持ちはわかるけど外走り込んでたじゃねえかに目もくれなかったエルマンデルが今度はていねいに入れたクロスを、スウェーデンどうもうまくいってないなの象徴のようにツキから遠いおーるばっく君が自分で狙うことは止めて頭で戻し、ズラタン-ラーションが並んでるうちは「俺は中央でやりたいんだよ」と主張しても知らんぷりされてたリュンベリがそのまさにズラタンの故障ゆえに任された真ん中に飛び込んでそれを押し込むという、非常にコクのある決勝点だった…

まぁズラタンもだけど、
パラグアイも結局大会前にカルドソを失い、
ロケも本調子に戻らずとどうにもならなかったわけで、
なぜかまったくダメダメだったロペスを使うぐらいなら、
ササを呼んでくれた方が経験が積めて良かったのにと、
こっちに都合のいいことだけ言い放ってみたり。

これでパラグアイは敗退決定。
大好きなガマーラもアクーニャも、もう見られないんだな…
ってまだあと1試合あるけど。

|

« ドイツ2006 その10 | Main | ドイツ2006 その12 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドイツ2006 その11:

« ドイツ2006 その10 | Main | ドイツ2006 その12 »