« ドイツ2006 その11 | Main | 初体験 »

2006.06.17

ドイツ2006 その12

◆アルヘンティナ 6-0 セルビア・モンテネグロ

何で読んだのか忘れたけど、
前の試合でペトコヴィッチは、
コロマンを頭から使わなかったってことで、
弱気だとか何だとか、かなり叩かれてたらしい。
だけど、今日のコロマンの出来を見る限り、
そんなに変な話でもなかったような…

それにしても6点はあんまり意味がない、というか、
6点も取る必要はこれっぽっちもなかったんじゃないか。
これがどう出るんだろうね。若いなって感じ。
顔見せなら、おじさんクルスも出してやれよ。

審判はやっぱりセルビアに辛かったなぁ。
あと今日の国営放送のアナウンサーは民放レヴェル。
角澤クラスっていったらあんまりだろうけど。

◆オランダ 2-1 コート・ディヴォアール

誰もが思う、
バカリー・コネのミサイル弾も凄ければ、
オランダが、
ハーフコート・マッチに追い込まれるというのも凄い。
もう1点、
ゾコラのでもアルーナ・コネのでもドログバのでも、
突き刺さってればもっと面白かったんだけどね。
いずれにせよ、
日常では絶対に見られないようなもの。

バカリー・コネの躍動感を見てて、
ババンギダを初めて見た時のことも思い出した。

◆アンゴラ 0-0 メヒコ

まぁアンゴラのジョアン・リカルドが大当たりだったとはいえ、
メヒコはちょっと重傷だな。
ボルヘッティの離脱がそんなに大きかったのか。
帯に短し襷に長し。
マルケスのキックが一番行けそうってのは、
相当に困ったものだと思う。
つうか、今さらアレジャノに頼ってどうすんだよ。
それなら、いや、ブランコをチームに戻せ、とは言わないから、
エルナンデスを復帰させてくれ。
今年38才だけど、なにかまうこたねぇぞ。

一方のアンゴラも、そこまではいいんだけど、
シュートに問題あり。どこかの国と一緒。

それにしてもスペイン語圏では、
ブラジウ人とアルヘン人をセットで帰化させるってのが、
流行ってるのか?

|

« ドイツ2006 その11 | Main | 初体験 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドイツ2006 その12:

« ドイツ2006 その11 | Main | 初体験 »