« ドイツ2006 その15 | Main | ドイツ2006 その17 »

2006.06.21

ドイツ2006 その16

◆ポーランド 2-1 コスタリカ

白赤組の方はプレース・キックの精度がことごとく悪く、
何かどっかの国を見ているかのよう。
要するに「ポーランドにはゴメスがいないんだね」、
なんて、薄れゆく意識の中でのたまっていたら、
両方ともプレース・キックから決めて逆転していた。
かくのごとくフットボルを端的に表現するのは難しい…

シンガポールの主審、自分が主役のような判定ぶりで、
何かどっかの国(のK氏)を見ているかのよう。

◆ドイツ 3-0 エクアドル

まぁ大駒を抜いてきたエクアドルのやり方は、
1つの見識とは言えるような。
確かに、一次リーグの終わりが0-3ってどうよ、
と詰問されるかもしれないけど、それもま結果論だから。

片や、バラックが調子を取り戻し、クローゼが点を決め、
ポドルスキも続き、と、国外(人)組大活躍の開催国は、
これ以上ない第一幕の締め。予定通りだろうけど。
少しテンション高くなるの早すぎ?って感じもあるけれど、
気のせい気のせい、
ってことで済まされそう。ドイツ人大雑把あるよ。

|

« ドイツ2006 その15 | Main | ドイツ2006 その17 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドイツ2006 その16:

« ドイツ2006 その15 | Main | ドイツ2006 その17 »