« ドイツ2006 その16 | Main | ドイツ2006 その18 »

2006.06.21

ドイツ2006 その17

◆イングランド 2-2 スウェーデン

スウェーデンは前回もトーナメント第3試合が、
通好みな試合だったんだけど今回も。
滋味風味のおーるばっく君が2000ゴールを取る、
なんてその最たるもんだし、
(この国のセット・プレーのうまさ(蹴る方も動く方も)は、
生でも見たけど、ホント惚れ惚れさせられる)
また、最後まで“38年”の伝統にこだわって、
主将とラーションが飛び込んでいく姿など、
感動を禁じ得ない。まさしく強豪。笑。

しかし、緻密に理知的に戦う彼らをもってして、
なぜそこまで島国の前に、
立ちはだかろうとするのかよくわからないけど、
少なくともあそことあそことあそこの国からは、
喝采を浴びてるだろう、とか考えると泣ける。
個人的にはちょっと喝采組。
島国、上行き決まってるわけだし。

どうしていつもシュート入れられんだ?ジェラード。すげえ。

◆パラグアイ 2-0 トリニダード・トバゴ

カニサのえオフサイド?も、ガマーラのどすこい上がりも、
これで思い残すことはないです、って感じだったんだけど、
やっぱりクエーヴァス!
交代でようやく出てきたのはいいけど、
ボールをつい持ち過ぎてチームから浮くわ、
あまりに空気を読まないで年寄り陣に怒られてるわ、
君もうナイス!
ロケにはくれぐれもありがとうを言っとくんだよ。
君のことだからうっかり忘れそうだし。

|

« ドイツ2006 その16 | Main | ドイツ2006 その18 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドイツ2006 その17:

« ドイツ2006 その16 | Main | ドイツ2006 その18 »