« ドイツ2006 その19 | Main | ドイツ2006 その21 »

2006.06.23

ドイツ2006 その20

先に↓

◆現最強セレソン(-皇帝) 4-1 日本

ジュニーニョはもとより、
ジウベウトとシシーニョにキッチリやられたわけだけど、
(1点取れたのもシシーニョのおかげだけど)
それ以上に、日本代表が実に“よく”、というのも変だけど、
実によく、日本を体現していたと今さらのように痛感。

出場した3回の中で、持っているものは文句なく一番高いのに、
状態は最も悪かった。この結果は屈辱でしかないだろう。

ただ“屈辱”からどう立て直していくかに真価はあるわけで、
ここからがさらに戦いなのだと思う。
屈辱ったって、幸い、例えばセルビアみたいな国に比べりゃ、
はるかに底が浅い経験しかしてないし、
これからやらなければいけないことだって、
茫漠としてるのではなくハッキリ見えている。

何かのせいにして終われる人には、終われば、と言うだけ。
終われないし、大体、終わりなんてない。

◆クロアチア 2-2 豪州

個人的には、単純な圧力大作戦に、
マジックなどと呼ばれる妙があるとは思わないし、
かつての英国4協会を彷彿させるザ・放り込みは、
そもそも好みでもない
…んだけど、これぞ野蛮なる肉食人種同士の、
まさしく食うか食われるかの獰猛白兵戦サッカー、
今や欧州対欧州の試合でも滅多にお目にかかれない、
見応え120%力ずくの引きずり倒し合い
(GKをスクラムで押し込む究極のパワープレイ付き)なので、

必見。格闘技好きな人。

大体主審がイングランド人ってのはありなのか?

|

« ドイツ2006 その19 | Main | ドイツ2006 その21 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

そうやってグイグイ格闘技ひたむきに動け走れ、ていうチームはいかんすね
世界でも、JFLでも(笑)

Posted by: socionapoletano | 2006.06.25 23:07

日本人、ひたむき、好きですけどね。
でもリアルに勝つやつじゃなくて、負けるひたむきだけど(苦笑)。

Posted by: 泡羽 | 2006.06.26 17:03

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドイツ2006 その20:

« ドイツ2006 その19 | Main | ドイツ2006 その21 »