« ドイツ2006 その21 | Main | ドイツ2006 その23 »

2006.06.24

ドイツ2006 その22

◆スペイン 1-0 サウディ家所有

片やサブ組の慣らし、
片や敗退決定で、やる気あんの?、な、
限りなく退屈なゲーム。
サウディ側の見どころはヌール→スリマニの、
惜しいシュートぐらいで、
初めて落ちかけたよ。
GKザイードは致し方なく活躍だったけど。

スペインやばくない? 笑。

◆ウクライナ 1-0 チュニジア

大会中ずっと、ロメール、じゃなくて、ルメールが、
誰かに似てる誰かに似てる、と思ってたんだけど、
それが友人の御母堂であることに気がついて、
胸のつかえが取れた試合。

まあスターのいる国といない国と…
ジャジリの退場は“いない国”への厳しさかなあと。
(ブロヒン、拍手しちゃうってのはどうなんだよ、苦笑)

チュニジアは思いの外バランスの取れたいいチームで、
個人的にはそっちの方が、
上に行ってもいい戦いをしていたと思う。

|

« ドイツ2006 その21 | Main | ドイツ2006 その23 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドイツ2006 その22:

« ドイツ2006 その21 | Main | ドイツ2006 その23 »