« ドイツ2006 その25 | Main | ドイツ2006 その27 »

2006.06.27

ドイツ2006 その26

◆イタリア 1ー0 豪腕

イタリアのイタリアによるイタリアのための一戦。
いや、どうしたって’82年の低血圧イタリアや、
’94年のよれよれイタリアを思い出さざるを得ない。
…ってことは12年周期なんだな。笑。

グロッソが上がったところで勝負あった、で、
PKだったかPKじゃなかったかなんてどうでもいいや。
あとトーニ、ジラルディーノの強烈2枚看板が、
どうしても点を取れないのが実にいい感じで、
何というか、鍵はインザーギあたりが持ってるのかも。
いずれにせよヤマは対開催国戦だろうけど。

オーストラリアは延長から、
イケイケする予定だったんだろうね。残念残念(棒読)。

◆スイス 0-0 ウクライナ

中2日にしては驚異的に引き締まったゲーム。
ファウル最小限でこういう試合ってのもできんだなぁと、
主にウクライナ側に感心。
例えば前半1本のみのシュートなんか、
あれでチャンチャン♪(終了)の可能性もあったわけだから、
さすがシェフチェンコと思ったし。

延長最後のストレラーのトラップ&切り返し、凄すぎ。
タッパあるのに足元の方がうまくて、お前は竹谷かと。
で、あそこでシュート打てなかった、ってことで、
女神がヨソ見してしまったような。
PK戦、
シェフチェンコの失敗は当てカン範囲内にあったので、
奴が何も考えずズバンと行ってれば、
再びの女神微笑もあったろうけど、やっぱお前は竹谷かと。

でもまぁスイスの本番は再来年だろうから、
今回はここらへんで「お後がよろしいようで」をした方が、
マークされるほど目立たなくっていいんじゃない?

|

« ドイツ2006 その25 | Main | ドイツ2006 その27 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドイツ2006 その26:

« ドイツ2006 その25 | Main | ドイツ2006 その27 »