« 今にもポツリときそうな空の下 | Main | 祭月間2006・フィナーレ »

2006.06.11

ドイツ2006 その2 

◆イングランド 1-0 漢パラグアイ

まぁガマーラはけっこうオウン・ゴール多いし。笑。
パラグアイはいつものパラグアイでとっても嬉しかった。
というか、メンツほとんど変わってないし。笑。
(アルセーがいないくらい? …んなこたあない)
とにかくアレ相手に0-1は本領発揮だろう。
アレの方はジェラードが今いち? よくわかんないけど。
まぁいいや。クエーヴァス、今回も応援してっからな。

◆アルヘン 2-1 象牙海岸

日本が当たってたらかる~くやられてたな、イヴォアール国。
“手段を問わず”が徹底してるアルヘンだから、
何とかなったようなものの、やっぱり本選に出てくる国に、
弱い国は一つもないってことを痛感。
一方、“手段を問わず”とは書いたけど、アルヘン、
篦棒にうまいけど、暴力性が薄まってるのは時代の流れか。
あと、後半の展開を見ていると、
やっぱ守りに入ったら神が不機嫌になるんだねぇ…

|

« 今にもポツリときそうな空の下 | Main | 祭月間2006・フィナーレ »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドイツ2006 その2 :

« 今にもポツリときそうな空の下 | Main | 祭月間2006・フィナーレ »