« 一生ついてく | Main | 反対語はどれ? »

2006.06.04

24時間弁解

午前中、中学生の運動会視察の後で、
昼から1か月ぶりのフル・コート。2時間。
中学生の運動会というのは、練習に時間が割けない、
ため基本的には走る競技ばかりで、
絵があまり変わらないのでつまらない、
のかと思うとまったくそうではなく、
例えばスウェーデン・リレーなんてのがあって、
選手によって走る距離が違う、
らしいんだけど、そうなるといったん抜いてからも先で、
抜き返されてしまったり、勝負所にいろいろコクがあって、
意外に面白かったり、

なんてことは関係なくて、親父球蹴り。
とにかく1か月ぶりなんで、というかグラウンドには、
恵まれないわけじゃなかったんだけれど、
天候。恵みの雨ばっかが振りまくり、
ようやく、ってんで結構な数のメンバーが集まった、
のだけれど、結論から先に書いておくと、
それはもう、個人的にはひどい出来だった、のだった。
たとえるなら、トラップがダメ、キックがバツ、
ボールの来る位置予測がズレまくり、出足悪すぎ、
持久力減少、ポジショニング変、視野狭窄、etc、etc…

理由は実はわかりすぎるほどで、要するに、
1か月って時間が問題なんだろうよと。
よく、練習を1日サボるとその分を取り戻すのに、
3日はかかると言われたりするのだけど、
3日というのはたぶん若者の話で、
若者じゃない人には、当然3日が4日、4日が5日、
と増量していくわけで、
しかもプレーが体に染みついた玄人ではない、
ということになると、1か月のブランクというのは、
それはもう、相当な致命傷ではないのだろうか。

いや。
コレを言うと言い訳になっちゃうんで、
できるだけソッチの方には近づかないようにしてたんだけど、
やっぱり“ト○”のせいなのかなぁ…、
と喉元まで何度も出かかっては、ムリヤリ飲み込んでいる、
地盤軟弱な性格。
でもそうじゃないでしょ。ちゃんちゃん、
やることさえやってれば、
たぶんそれほど問題にはなってないわけで。
“練習は裏切らない”んだから。

いずれにしても、かなりヘコんで帰った、
…後で、気分を代え出直してフットサル。3時間。
ゲームではラクするためにGKをやらせてもらいながら、
でも大して守ってもないトンデモだったのだけれど、
そんな動かない、動こうとしない、動けないの、
3ない運動だったにも関わらず、だ、
帰路、歩いている時に両腿の裏が肉離れしそうに。
やっぱり“ト○”のせいなのか…
と喉まで出かかってるってことは、
言ってんのと同じですね。ちっきしょー、あったまきた。
嵐のようにクロスあげまくってやる。口だけだぞ。

I_am_not_old

|

« 一生ついてく | Main | 反対語はどれ? »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 24時間弁解:

« 一生ついてく | Main | 反対語はどれ? »