« ドイツ2006 その28 | Main | 怖がり »

2006.07.02

ドイツ2006 その29

◆イングランド 0-0 ポルトガル

レノンがシュートを打ち切れなかったのを見て、
“今の1トップやめて、
ターゲット作った方がいいんじゃねえの?”とか、
言い合ってた矢先だったからなぁ…、
てえことで。

モノの見事に“優勝予想”の危惧通りに、
なってしまったわけだけど、一番の誤算は、
じぇらん(ホテル予約サイトじゃないよー)が、
2人で2点しか取れなかったという点に尽きるような。
特に0に終わったじぇらんの“らん”。
まぁ準決で火が付く初期設定だったんだけどさ。苦笑。

ポルトガルは想像以上の勝ち進みで拍手してます。
というか、前大会で途轍もなくヒドイ目にあった分が、
全部きてるって感じ@ちょーぱんフィーゴ含。
ちょっと過小評価気味のロナウド君も、
すみませんでした、凄いです。…でも、
最初に決めた主将シモン君万歳、笑。

主審アルゼンチン人ってのも、
”こらこら“なんだけどねぇ…
って、流すとこなんでしょうか、そこは。

◆フランス 1-0 ブラジウ

こちらも“負けがあればここ”の優勝候補バッチリ敗退。
それも、PK戦とかならまだ何とか格好がつくんだけど、
かなりおマヌケな失点にて。
(あれは何だったのかいまだによくわからない)
先制されてからだって、
どっかの国とは違ってフリーにしてくれないしよ。ちぇっ。
で、後半20分ぐらいでようやくエンジンが、
…って省エネしすぎだよさすがに。苦笑。
もしかしたらフランスとの間に何か条約がある? 苦笑。

しかし最後までコンディション悪かったなぁ。
ここまで来たらスネに傷があって、
危機感持ってる方がそりゃ強いんだろうけど。

フランスは年寄り陣のドーパミンどっぱどぱに加えて、
ブラジウより遥かに使い勝手のいい、
ラテラルを持ってたのもポイント。

決勝は独英だったら確かに独と言ったけど、
独仏、もしくは独ブドウ牙だったら…。
わかんねえよ。
少なくても簡単にはいかせねー。笑。

|

« ドイツ2006 その28 | Main | 怖がり »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドイツ2006 その29:

« ドイツ2006 その28 | Main | 怖がり »