« 日本代表監督全方位解決決定案 | Main | ドイツ2006 その31  »

2006.07.05

ドイツ2006 その30 

準決。
あと4試合…と考えると、いつもながらに嘘のよう。

◆ドイツ 0-2 イタリア

イタリアのプランは明らかに前半勝負、
点を取って後半施錠、って感じだったんだけど、
前半点が取れなくてさあどうする、ってのが、
ハーフ・タイムだった。

結果は、モノの見事にイタリア的なるモノが炸裂。
まぁ“マジでヤバクね?”12年周期の奴らが、
そこそこやるこたわかってたけれど、
ここまでハマるとは、な2点。
(読み通りだった方はさすがとしか言い様ないです)
鍵を持ってたのは結局グロッソ?
とにかくヤマを制してベルリン行きが決定。

開催国はなぁ…
ピルロのアレに豚君、足出なかったかぁ、とか、
それよか21才、その前に何度でもキメときなよ、とか、
あーだこーだいろいろ言えるわけだけど、そんなことより、
もうそのことに尽きるだろ、なのが肝臓の不在。
そりゃ失っちゃあ、生きてくので精一杯だよ。やっぱり。
いや別にゲルマンどうだっていいけど。苦笑。

|

« 日本代表監督全方位解決決定案 | Main | ドイツ2006 その31  »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ドイツ2006 その30 :

« 日本代表監督全方位解決決定案 | Main | ドイツ2006 その31  »