« 体が弱い | Main | 宝刀 »

2006.08.08

反町初戦

まぁしょっちゅうやってるメンツとはいえ、
新たな監督でスタートを切ってから1週間、
しかも家長、水野、水本、谷口、前俊、
平山あたりがいない大駒落ち状態、
さらに審判が韓国人な上で、
敵地での0-2だったわけだから、
試合が終わって思わず口に出た、
「完勝」と言う以外はないってことでやっぱり。

どっかの誰かの、
出たトコ勝負な放り込みとかぼよよんクロスとか、
どっかの誰かの、
お前ら何年一緒にやってんだよDF&GK交錯とか、
を見慣れた目には、
特にキックの精度や声出しは新鮮だったよ。

ここに、
例えば、83、84年組の、
今野とか徳とか山岸とか成岡とか角田とか藤本とか、
また、87、88年組の、
熱い小澤とか内田とか福元とか森本とか伊藤翔とか、
が加われば、
あと、巻だの原だの廣井だの兵藤だの駒大生もいるし、
そこそこ闘えるチームにはなるよな。
別に“黄金世代”に固執しなくても。

我らの重役先生は、
取り立てて言うほどの出来でもなかったけど、
中国人を吹っ飛ばしてたのが良かった。
その調子でオランダ野郎とかオージー野郎とかも、
今度はバキバキと。

|

« 体が弱い | Main | 宝刀 »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 反町初戦:

« 体が弱い | Main | 宝刀 »