« 聖火台 | Main | 玉突きチェンジ »

2006.08.31

忘れてたけどミッドナイト

先々週だかその前だったかに、
ミッドナイトしてきた。

映画館と観客についての映画、ってのは、
確かに意外にない切り口で、
作品が提示している定義から言えば、
作り手側が予想もできない展開になっていった、
「ロッキー・ホラー・ショー」こそ、
一番の“ミッドナイト・ムービー”であると思う。

ただ、監督として圧倒的に異彩を、というか、
“ヘン”さ加減を放ってたのは、やっぱりリンチだった。
まぁ、こないだも書いたドゥシャン・マカヴェイエフや、
トビー・フーパーなどを持ってくれば、
その印象も安泰じゃないとは思うけど、
(あと、軽くしか触れられてなかった、
「フリークス」のトッド・ブラウニングとかさ)
ロメロなんかはいかにもアメリカ的な映画人だし、
山師なホドロフスキーも危ない人ってな感じじゃなかったな。

で、最初は全然理解されないリンチを、
先行監督では唯一、
ジョン・ウォーターズが援護してたという美談に泣く。
美談?

|

« 聖火台 | Main | 玉突きチェンジ »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 忘れてたけどミッドナイト:

« 聖火台 | Main | 玉突きチェンジ »