« 宝刀 | Main | 記念ということ »

2006.08.10

4年前の最高に楽しかった、夏のW杯の思い出

今回の第4回ドイツ大会は、今月の27日からだそう。
(試合は29日からっぽい。
初戦は何と日本が開催国と当たるみたいだ)
いや、コレのためだけでも、
ドイツに行きたいぐらいだったんだけど…

思い起こせば、4年前の第3回大会
8月9日から日産スタ決勝戦の25日まで。
同じ日に複数の会場で試合をするため、
都合6試合ほどしか見られなかったんだけど、
友人たちと、やれ、今日は西が丘のカードが面白そう、
私は夢の島に行く、いや見モノは絶対江戸陸の試合だ、
じゃあこっちは三ツ沢まで足を伸ばしてみる、などと、
それぞれに会場を渡り歩き、
心底楽しく、また盛り上がれる世界大会だった。

選手も…MVPを取った快速ぶっこ抜きの10番君、
大会得点王17番君のイングランド・コンビとか、
「黒いフィーゴ」と言われてたポルトガルの“神”君とか、
オランダの“天使降臨”9番&7番“ライカールト”君とか、
選手じゃないけど、ハンガリーの“サンタクロース”監督とか、
(実は監督でもなく、じゃあ誰?…になったんだけど。笑)
そして何と言っても、1度目にしたら、
その人のハートをガッチリ鷲掴みだった、
ブラジウの天才ボランチ、ちびーにょ君とか、
(本名:モンテイロ・アリトン・フランシスコ君、
個人的にサインにはほとんど興味がないのだけれど、
彼には、生まれてから3人目となるサインをもらった。
ちなみにほかの2人は、名バンドリン奏者のデオ・ヒアンと、
ジーコ。って、何かブラジウ人ばっかだけど。苦笑。
あと、“神”だの“ライカールト”だの“サンタクロース”だの、
“ちびーにょ”だのは、皆で勝手に付けてたあだ名です。笑)、
…巧さ抜群、キャラクターも立ちまくりで素晴らしかった。

当時、友人たちが書き込んでくれた、
掲示板のログを読み返すと、
今でもあの夏のワクワクした感情が甦ってくる。
あれほど楽しかったこともなかったよなぁ。
ちびーにょ、今回もちゃんとセレソン入りして、
ドイツの地を踏むのだろうか…(ブラジウの初戦は南アだ)
ああ、知りてえよー!
この国の大半のマスコミは屑だから、どうせ無視だろうし。

お金のある方、なくても宵越しのゼニは持たないって方は、
資金応援などもどうかぜひ。

|

« 宝刀 | Main | 記念ということ »

Futbol」カテゴリの記事

Comments

代表なのに、公式?ユニフォームでない理不尽。
まるで気が付かなかったのは、彼らの自尊心のなせる業か。

Posted by: sanchez | 2006.08.12 22:11

そうでしたねぇ…
相変わらず協会はずれまくってるけど。

Posted by: 泡羽 | 2006.08.15 18:33

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 4年前の最高に楽しかった、夏のW杯の思い出:

« 宝刀 | Main | 記念ということ »