« 朝。 | Main | 長征覚書 »

2006.08.04

墜落

黒沢清の「回路」の最後の方で、
真っ黒い飛行機が煙を上げながら、
失速して落ちてくるシーンが出てくる。

Off_1

ちょうど、あれによく似た、

自分のすぐ目の前に、
飛行機が墜落する夢を、
この1週間に2度ほど見た。

より鮮明だった方では、
自分は高架上の電車に乗っていて、
突如、耳を劈くような轟音を立てながら、
制御不能になった旅客機がゆっくり、
スローモーションのように落ちてきて、
電車を巻き込むところまでは、あと少し及ばず、
手すりの横に立って窓の外を眺めていた自分の、
目の前で、眼下に広がる住宅地に激突する…
つまり大惨事だ。

もう1つの夢は飛行機ではなく、
飛行船だったかもしれない。
やはり寸手のところで難を逃れるのだけど、
数秒の差で爆風にさらされるような、
ホント目と鼻の先にダイブし、
その衝撃で…目が覚める。

妙に静まり返った景色の中で、
甘やかな空気の漂う、破滅。

|

« 朝。 | Main | 長征覚書 »

Cinema」カテゴリの記事

Go ghost」カテゴリの記事

Comments

ビニールハウスの横の、水たまりをまたぐような場所から見える
横田を飛び立つジェットは実に面倒くさそうに空を上っていった。

国道を走っていると、戦闘機が烏のように降ってきた夏。

桃から滴る果汁。
栓抜きがついた自販機。
アスファルトの上の逃げ水。
破滅といえば、晴れた夏の午前中に限る。

できればエアコンの支配下で。

Posted by: sanchez | 2006.08.06 at 02:50

なるほど夏の午前ね。

ま、破滅ってのは不謹慎なものだから。

Posted by: 泡羽 | 2006.08.07 at 06:18

あ、年6回はフツーに見るですよそんな夢
ガキの頃は横田の飛行コースに住んでたからイメージが脳内に出来上がってるんですよたぶん

落ちる機種から落ちる角度までパターンはさまざま(笑)
C5Aがきりもみで加住丘陵のてっぺんに落ちて、人と戦車がバラバラ落ちるのが多い

Posted by: socio napoletano | 2006.08.08 at 14:08

あ、なんだそういうことか。
こっちも羽田の飛行コース組だから。
だから旅客機が多いのか(笑)。

Posted by: 泡羽 | 2006.08.08 at 17:28

調布のひとは伊豆諸島に行くセスナ(笑)

Posted by: socio napoletano | 2006.08.09 at 17:42

川べりの人は紙製のやつ。

Posted by: 泡羽 | 2006.08.10 at 13:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15384/11265351

Listed below are links to weblogs that reference 墜落:

« 朝。 | Main | 長征覚書 »