« コーチに付き合って | Main | 禁断の愛 »

2006.09.25

奇跡の朝

↑月曜日のタイトルじゃねえな。苦笑。

“品のいい「ゾンビ」だよ”、ってな話は聞いてたんだけど、
「ゾンビ」と決定的に違うのは、
甦った死人たちの目的となるのが、
「ゾンビ」の場合は“生者を喰らう”、なのに比べて、
何だかハッキリしないこと。
もちろん、そこが大きなポイントなんだろうけど、
登場人物に感情移入すれば、
“食われる”ってことより、ある意味それは怖いかもしれない。
目に見えない、
自分の中で勝手に膨張させやすい恐怖か。
(よって、テロが起こる所はちょっと違和感があった)
まぁ確かに“品のいい「ゾンビ」”だけど、
“笑いのない「ゾンビ」“という感も強い。
ゾンビはやっぱ“他者”というより“モノ”だから。

といって、“苦い「黄泉がえり」”とか書いたら、
レトリック遊びにしても身も蓋もなく。笑。

Sangeria

(冒頭のシーンから、映画史の引用に思いを致すのではなく、
「サンゲリア」@フルチのエンド・ロールなんぞが、
頭をよぎってしまうのは内緒だ)

|

« コーチに付き合って | Main | 禁断の愛 »

Cinema」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 奇跡の朝:

« コーチに付き合って | Main | 禁断の愛 »